PSG移籍が近づくFWアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】

写真拡大

 アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が近づいている。仏ラジオ局『RTL』の報道を引用しスペイン紙『アス』が伝えた。

 14日付けの同紙によると、既にサンチェスはパリに到着しており、これからPSGとの移籍交渉を開始する予定だそうだ。同選手は、チェルシーやマンチェスター・シティなど多くの強豪クラブから獲得を狙われていたが、最終的にはアーセナルと契約を延長することが濃厚と見られていた。

 サンチェスは、チャンピオンズリーグに出場できるチームでのプレーを望んでいるため、昨季5位で国内リーグを終えたアーセナルは理想的なチームとは言えない。さらにPSGは、今夏バルセロナからネイマールを獲得したうえ、モナコからも18歳の新星FWキリアン・ムバッペを獲得しようとしているなど大型補強を敢行しており、もしサンチェスが加入するとなれば、クラブの新プロジェクトの重要なピースとして迎えられることは間違いない。

 同選手獲得には8000万ポンド(約116億円)が動くと予想されている。果たして今夏の新たなビッグネームの移籍は成立するのだろうか。

text by 編集部