漫画原作者であり、作詞家などとしても活躍する小池一夫(@koikekazuo)さん。80歳を超える大御所でありながら、Twitterを使いこなし、日々の出来事や人生の考えかたなどを頻繁にツイートしています。

機知に富んだ投稿で、多くの人から支持されている小池先生。

しかし、2017年8月12日に、「若者が食費にお金をかけられないこと」についてツイートしたところ、いわゆる炎上状態になってしまいます。

「食費にお金をかけられない」と若者はいうが、それはいい訳。

やればできる。やらないだけ。

このツイートに対し、批判的なコメントが殺到してしまいます。

節約をしているのは奥さんであって、小池先生ではない。自分でやってからいってください。安い食材で、おいしい料理を作るためには知識や経験、技術が必要。それを養うための環境がない。そもそも料理に手をかける時間が現在の若者にはない、ということを理解しておられないようだ。

「最近の若者は…」といった世代で決めつけるような発言をしない小池先生だけに「いままではファンだったのに…ショックです」といった声も寄せられます。

小池先生に限らず、自身のツイートが炎上するのは気持ちのいいことではありません。また、文字数の制限によっていい切れなかった意図や想いもあったでしょう。

しかし、小池先生は、いい訳じみたことは一切いいませんでした。

そして、次のように自身の発言について謝罪します。

昨日のツイート、反省してます。

冒頭で、素直に謝罪した小池先生。

さらには80歳を超えた自分が、Twitterというツールを利用することで成長できることを嬉しく思っていると語ります。

この非常にいさぎよい対応に、炎上から一転。称賛の声が寄せられました。

食費に関するツイートは確かに問題があったと思う。しかし、素直に間違いを認めて謝罪する…とても素晴らしい姿勢だと思います。小池先生の学ぶ姿勢に感服します。間違いを犯すことは罪ではない…それを正せないことこそが罪なのだと感じさせられました。政治家にも見習ってほしいほど、いさぎよい姿勢。尊敬の念が増しました。

例え、自分が間違っていたとしても、顔の見えない相手からの指摘に対し、いさぎよく謝罪することは簡単ではありません。

まして、ほとんどのコメントは自分よりも年下の人が書き込んだもの。しかし、小池先生にとって、そういった事実は些細なことなのでしょう。

間違いを改め、謝罪し、そこから学ぶ…なかなかできないことをサラッとやってしまう小池先生が、多くの人から尊敬されているのは当然のことなのかもしれません。

[文・構成/grape編集部]