@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

ATS GT ツインターボV8搭載

50年前にロードカーの製造をやめたATSが、近年活動を始めている。今年のサロン・プリヴェでは、ATS GTが発表されるという。

かつてフェラーリに在席したメンバー、カルロ・キティ、ジオット・ビッザリーニによって創立されたATSだが、新型のスペックが一部公開されている。

・ツインターボV8エンジン搭載
・7速ツインクラッチAT
・ローンチエディションを12台製造
・軽量カーボンファイバーコンストラクション

まず初めにローンチエディションという先行モデルを製作するが、その後の生産計画はアナウンスされていない。

元フィアットのデザイナーが描く新型

今回発表されたプレビューイメージでは、

・スーパーカーをおもわすスリークなスタイル
・シルエットをなぞるように配したメタルハイライト

を確認できる。

全体的なデザインは1963年の「2500GTS」を彷彿とさせる。新作のGTを描いたのは、元フィアットのシニアデザイナーであったエマニュエル・ボンボイ。ベルトーネのスタイル・コーディネーターも務めた人間である。

過去には、スズキ・ハヤブサエンジン搭載車も

なおATSは、数年前にサーキット走行用モデル(写真白)を発表している。スズキ・ハヤブサの1.34ℓエンジン/フォードの1.6ℓターボを選択できるパッケージで、0-100km/h加速は2.5秒とされていた。