原作通りに進めば、トビオと蓮子にはいい感じのシーンも・・/撮影=平岩亨

写真拡大

毎週火曜夜9時から放送中の窪田正孝主演ドラマ「僕たちがやりました」(カンテレ制作、フジ系)。本作は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されていた同名漫画をドラマ化。“そこそこ”の日常を大切にしてきた若者4人が、あるいたずらをきっかけに爆破事件の容疑者になってしまう”青春逃亡サスペンス”である。

【写真を見る】撮影中は、永野が女子高生の間で流行っているポーズを窪田にレクチャーし、キメッ!!【ほか撮り下ろし写真多数】/撮影=平岩亨

ザテレビジョンWEBの“僕やり”スペシャル連載は毎週火曜に、キャスト陣のインタビューや仲良しトーク、収録の裏側などをたっぷりと紹介。第5回は、孤独な逃亡生活で追い詰められていくトビオを演じる窪田正孝と、どこまでもトビオを信じて想い続ける蓮子役の永野芽郁を迎えたSPグラビア&対談である。

――第5話まで来た『僕やり』ですが。

窪田「5話かあ」

永野「第5話……」

――4話では、蓮子が市橋に「あんたは殺す。私は告る」で宣言して。

永野「そうでした!」

――その続きです。

永野「私はちょっと危ない目に遭うんですよね」

窪田「ああ、そうだね。危ないシーンだ」

永野「あのシーンを撮っている時、本当にトビオに来てほしいと願っていたんですけど、来てくれなかったですね……」

窪田「もうね、その時はお尻出していましたから」

永野「ふふふ」

窪田「でも、トビオだって“蓮子に会いてえ! 謝らなきゃ”って言ってたんだよ」

永野「私も会いたかったです」

窪田「お尻を出しながら、言ってたんだけどね。そんな感じの5話かな」

永野「そういうところだと思います(笑)」

――なかなか会えそうで会えないのが、トビオと蓮子ですが。

窪田「会いに行ったら、蓮子と市橋(新田真剣佑)がいい感じに見えちゃったりするとかね。俺、バカみたいじゃないかと思って、チャンチャンって(笑)。それで今宵ちゃん(川栄李奈)の方に行っちゃうんだよなあ」

永野「寂しい……」

窪田「(笑)。そんなことを言ったら、マッケン(市橋)が可哀相じゃないか! 何を言ってるんだよー」

永野「アハハハ」

■ 「トビオは先入観が激し過ぎるのかなあ」(窪田)

■ 「蓮子は“トビオが好き”という気持ちを一途に持っています」(永野)

――トビオは本当に勘違い野郎ですよね?

窪田「先入観が激しすぎるのかなあ。演じれば演じるほど、僕はトビオというキャラクターがわからなくなっています。役としては本質がどんどん剥き出しになっていくんですけど。やっぱりひとりじゃ何も出来ないし、自分から何かをするタイプでもない。だから、そこそこ幸せと言っていると思うんですけどね」

――蓮子はここまで演じて、どういう女のコだと思っていますか?

永野「内側はちょっと乙女な部分がありつつも、芯が強いというか。全体的にサバサバしている女性に見えますけど、可愛らしい人だなあと思っています。だから、蓮子はずっと“トビオのことが好き”という一途な気持ちを変えずに演じています。その気持ちさえあれば、いろんな状況で行動で変わっても、それがまた蓮子として生きている感じになるのかなあと思うので。それから“トビオを待ってよう”という気持ちも常に持って、それ以上はあまり深く考えないようにしています」

■ 「蓮子は罪な女性だよね。市橋を勘違いさせるんだから」(窪田)

■ 「だって、それはトビオのためじゃないですか!」(永野)

――そんな二人は5話でどういう状況になっていくんですか?

窪田「ずっとひとりで逃げまどっていて、ヤングさん(桐山蓮)と一緒に過ごす時間もあったんですけど、すぐにヤングさんは羽根が生えて飛んでいっちゃうので、またひとりに戻っちゃったみたいな」

永野「そっかあ」

――蓮子は?

永野「いろいろあるけど、市橋と一緒にトビオを探すのがメインですね。でも、トビオとはすれ違いで全然会えなくて……。それでも蓮子は全力でトビオを探すというか、待っているというか」

窪田「そう? 蓮子は罪な女性だと思うよ。市橋を勘違いさせちゃってさあ。帰りに送ってもらったこともあったでしょ?」

永野「(ふくれっ面になる)」

窪田「アハハハ。“私ん家、誰もいないからさ”とか市橋に言ったりして」

永野「だって、それはトビオのためじゃないですか!」

窪田「でもね、それで男のコは勘違いしていくんだから、負の連鎖なんだよ。まあ、蓮子のあの言葉を言ってなかったら」

永野「トビオは死んじゃってたかもしれないんですよ」

窪田「死ぬってことはなかったんじゃないかあ(笑)」

■ 「原作通りなら、トビオと蓮子はいい感じになるよね?」(窪田)

■ 「そういうシーン、あるかもしれないですね(笑)」(永野)

――写真撮影中の窪田さんと永野さんは、トビオと蓮子の関係とは真逆に見えました。世代の差なんでしょうか?

窪田「頑張ってんだよ」

永野「ふふ」

窪田「まだまだ頑張るよ」

永野「アハハハ」

窪田「でも、現場はすごく暑いんだよなあ」

永野「あー、窪田さん、黒くなってる」

窪田「焼けてるよ(とシャツの袖をめくる)」

永野「ホントだあ」

――撮影はロケが多いんですか?

窪田「9割がロケです。スタジオで撮るのは今宵ちゃんの部屋と、部室だけです。でも、次に部室が出て来るのは後半。4人が再集結するまでないので、ほぼロケです」

――原作のトビオと蓮子は、これからいい感じになるはずですが。

窪田「コミックだったら7巻ぐらいですよね。ドラマでもそういうシーンはありますよ」

永野「ありますね(笑)」

窪田「ただ、まだ脚本が完全に仕上がっていないのでわからないです。原作に忠実なドラマ化ですけどね」

永野「そこにドラマらしい面白さもあって」

窪田「蓮子の部屋に行く時のトビオとかね。あのシーンを見ると、トビオは本心を隠す人間なんだなと思う。隠してカッコつけるんだけど、やっぱり一番好きなのは蓮子だから。そんなトビオの気持ちをしっかり受け止めてくれる器があるんだよなあ、蓮子には」

永野「ありがとうございます!」

■ 窪田正孝が行きました

最近、行った場所はロサンゼルス。仕事だったんですけどね。初めて行きました。これまで海外はカンボジアとミャンマーしか行ったことがなかったので、結構新鮮でした。3泊5日で仕事の合間に海に行っちゃったりしましたけど、移動中はずっと寝てました(笑)。

■ 永野芽郁が行きました

ディズニーランドに行きました。仕事がちょっと早く終わった日があって、友達と一緒に。青春してるなあと思いましたね。友達とお揃いのTシャツを着て、ディズニーのカチューシャとサングラスをつけて、凄くうれしくなったのでシンデレラ城の前でスキップしました。

■ 8/15(火)放送の第5話は…?

日に日に罪の意識が増していくトビオ(窪田正孝)は、ヤングさん(桐山漣)に襲われたことをきっかけに改めて蓮子(永野芽郁)への気持ちに気付く。その一方で、蓮子と市橋(新田真剣佑)もトビオのことを探していた。しかし、今宵(川栄李奈)と偶然に再会したトビオは、今宵の家に誘われ、かくまってもらうことに。

取材・文=あらいかわこうじ