ラモス(10番)、カズ(11番)、北澤(8番)、武田(45番の永井の後方)、前園(7番)。ヴェルディレジェンズには錚々たるメンバーが集まった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 8月14日、永井秀樹の引退試合『OBRIGADO NAGAI』が開催された。
 
 ラモス瑠偉、三浦知良、北澤豪、そして永井秀樹。Jリーグ発足当時、絶大な人気を誇った“ヴェルディ川崎”のメンバーたちが、同じピッチに立った。
 
 20年以上の時を経ても、すぐに当時の感覚が呼び覚まされる。カズのスルーパスに永井が走り出す。ラモスのアシストで永井がゴールを決める。
 
「昔、一緒にやっていて、ピッチに立って思い出したよ。できればもっと、カズと永井にアシストしたかったけどね」(ラモス)
 
 昨年末に脳梗塞に倒れたラモスだが、退院後、懸命なリハビリの末、驚異的な回復を見せ、かつてのチームメイトの引退試合に駆けつけた。
 
「凄いことですよ。これだけ回復して(プレーするのは)、なかなかできないこと。こうやって集まってやれたことが、何よりも嬉しい」(カズ)
 
 往年のヴェルディ戦士たちの息の合ったパスワークは見応えあったが、ラモスとカズは“ピッチ外”でも絶妙な掛け合いを見せる。
 
 報道陣から永井とのエピソードについて聞かれると、ラモスがこう答える。
 
「彼が大学生の時、初めてプレーを見た。国士館大との練習試合で。絶対に読売に引っ張りたいと思った。あのドリブルをする選手は、日本になかなかいなかったから」
 
 横で聞いていたカズが、すかさずツッコむ。
 
「ラモスさん、引っ張りたかったって言ってるけど、当時、まだ選手ですから。会長やオーナーみたいなことを言ってますけど(笑)」
 
「でも、引っ張ったね(笑)」
 
 さらにふたりのトークは続く。
 
カズ「今日のミーティングで、円陣を組んだ時も」
 
ラモス「またもう……」
 
カズ「(ヴェルディレジェンズの監督兼選手の)松木(安太郎)さん、何も言ってないからね(笑)」
 
ラモス「やめなさいって。また怒られる」
 
 どうやら、熱っぽい口調で指示を出していたのはラモスのようだ。
 
カズ「でも楽しかった」
 
ラモス「楽しかったですよ」
 
カズ「控室の雰囲気も、相変わらず、あんな感じで」
 
ラモス「いいよね。懐かしいね、嬉しいよ、ああいうの」
 
カズ「一歩ピッチに出ると、みんな戦う姿勢を見せるけど、それまでは冗談を言い合ったり。松木さんはすべてを受け入れてくれる人だから」
 
ラモス「そう」
 
カズ「リラックスさせてくれる。で、グラウンドに出ると、戦える。今日もそんな感じでしたね」
 
ラモス「良い状態でプレーさせてくれた。僕がピッチに立って、5分過ぎると、松木さんが『カリオカ(ラモスの愛称)、大丈夫か?』って。無視したけどね(笑)」
 
カズ「それも変わってない(笑)」
 
ラモス「約束は10分だろ!ってね」
 
 かつての姿と変わらないラモスの姿を、別の場所で永井も“目撃”していた。

【永井秀樹・引退試合PHOTO】三浦知良、ラモス瑠偉ら懐かしのメンバーとともに笑顔でラストマッチ!
「1試合目(国見OBと帝京OBの試合)が終わった後に、ヴェルディの部屋に入ったら、ラモスさんが本気で怒ってて。『何を考えてんだ!』って。最初、冗談かなと思ったら、どうやらそうじゃなくて、『これからメインだぞ! ふざけんな!』と。急いで向こうの部屋に逃げました(笑)」
 
 この日の主役をビビらせるほどの剣幕だったようだが、それほど、永井秀樹というフットボーラーのラストマッチを、全身全霊をかけて、本気で戦おうとしていた証拠だろう。
 
 素晴らしい仲間たちに恵まれた永井は、45歳まで現役を続けてこれた理由を問われると、日本サッカー界の「キング」を引き合いに出して答えた。
 
「もちろん、みんなサッカーが好きだと思うんですけど、日本中のサッカー選手の中で、一番サッカーが好きなのはカズさんで、もしかしたら、その次が自分だったのかな、というのは感じています。好きだけではやれない世界ですけど、本当に、節目節目で素晴らしい人に巡り合えたり、いろんな人の支えがあって、ここまでやってこれたのは、感謝しかないです」
 
 昨季限りでの引退を表明し、今季からは東京Vの「ユース監督兼ゼネラルマネジャー補佐」という新たなサッカー人生を歩み始めている。引退試合を終え、改めて現役を退くことの寂しさについて聞けば、「切り替えはできているつもりですけど、今晩ぐらいからは、本当に引退したんだなっていうのは、少なからず感じるんじゃないかな」と神妙に語る。
 
 それでも、すでに次なる目標に向かって邁進している。「ヴェルディを再建したい。J2にいるべきチームじゃないし、黄金時代以上に、まずは日本サッカーを引っ張るチャンピオンチームにしたい」と言葉に力を込める永井のこれからに期待したい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)