しゃがみ込んだ松山英樹(25歳)の涙が止まらなかった。悔しさなのか、自らへの怒りなのか、不甲斐なさなのか……松山の本心はわからないが、微かに震える彼の背中から伝わってくるものは、見ている誰もが感じ取ったのはないだろうか。

 今季メジャー最終戦となる全米プロ選手権(8月10日〜13日/ノースカロライナ州)、日本人初のメジャー制覇が期待された松山は、その期待どおりのプレーを見せた。2日目にトップに並んで優勝争いに加わると、最終日のバックナインを単独トップで迎えて、日本中のファンの心を躍らせた。

 しかし、メジャー大会の、それもバックナインという、しびれるような展開の中でミスが続出した。粘りを見せて、あっさり失速することはなかったものの、最終的には通算5アンダー、5位タイでフィニッシュ。松山自身はもちろん、日本のファンが待望していたメジャー勝利はまたも叶わなかった。


惜しくもメジャー優勝を逃した松山英樹。Getty Images

「11番ティーショットでいいショットを打てたので、(調子が)戻ってくるかな、もっといいプレーができるかなと思ったんですけど、(グリーン右に外した)セカンドショットが痛かった。難しくない状況からミスしてしまったのが……、う〜ん……きつかった。流れが悪くなる原因を(自ら)作ってしまった。

(最終日は)なんか、日本ツアーで、アマチュアでやっていたときのような緊張がありました。それでも、昨日より今日のほうがまだ落ち着いているな、と思ったし、今日のほうがいいプレーができそうな雰囲気があった。それなのに……、なかなかね……。波に乗れなかったですね」

 前週の世界選手権シリーズ(WGC)ブリヂストン招待で優勝し、今季3勝目を飾った松山。最終日にはベストスコアのタイ記録となる「61」をマークするなど圧巻のゴルフを見せて、この全米プロへの期待は一層高まっていた。実際、現地アメリカでも優勝の最有力候補に挙げられ、日本に限らず、世界中のファンやメディアが松山の動向に注目していた。

 迎えた初日、6バーディー、5ボギーと出入りの激しいゴルフとなったが、1アンダー、15位タイとまずまずのスタートを切った。

「今日は練習場でも(ショットの調子が)よくなかったので、とりあえずフェアウェーにいってくれればいいな、と。そんな中、(ティーショットが)ファーストカットに止まってくれていた分、よかったなって感じ。まあ、流れがね、悪くなればボギーを打ちますし、よければバーディーが取れますし、そんな感じの1日でした。いいところも悪いところもあったけれど、いい出だしだったんじゃないかと思います」

 2日目は、7バーディー、ノーボギーという素晴らしいプレーを披露。この日のベストスコア「64」を記録して、トップに並んだ。

「今日はいいパッティングができました。その分、ショットがぶれてグリーンを外しているので、ショートゲームに助けられたという感じです。とんでもないショットがいっぱいあったので、ほんと、よくノーボギーで回れたなっていう印象がありますね。まあ、メジャーということで、自分も少なからず緊張するので、(首位に立って)残り2日間、どういうプレーができるのか、自分自身、楽しみです」

 相変わらずショットが安定しない中、3日目は我慢のゴルフとなった。結局、なかなかチャンスにつけることができず、通算6アンダーとふたつスコアを落とした。それでも、首位とは1打差の2位タイと、十分に優勝を狙える位置にとどまった。

「自分のプレー内容にはすごく不満があって、気持ちはすごく下がっています。ただ(首位と)1ストローク差っていうのは、テンションが上がりますね。助かりました。(最終日は)チャンスもあると思いますし、逆に今日みたいにピンチもたくさんあると思う。その中で、ミスは仕方がないですけど、ひとつひとつ、無駄のないプレーを心がけたい。いいプレーができて、最後の3ホールぐらいで面白い位置にいられたらいいな、と思います」

 最終日、ショットの調子は悪くなかった。1番から絶好のバーディーチャンスにつけた。ただ、そのバーディーパットを外すなど、いい流れが作れそうで作れなかった。単独首位に立ってからも、3連続ボギーを喫するなどして、前週のブリヂストン招待で見せたような爆発力はなかった。

 そんなふうにして、松山がリズムをつかみそこねていると、序盤で我慢のプレーを続けてきた同組のジャスティン・トーマス(24歳/アメリカ)がジワジワと浮上。バックナインに入ると、失速する松山を尻目に、トーマスは運も味方につけてスコアを伸ばした。そして、13番のバーディーで松山を振り切って抜け出すと、そのまま頂点に立った。

 松山も3連続ボギーのあと、14番、15番と連続バーディーを決めて意地を見せたが、16番でボギーを叩いて万事休す。絶好調だった今季序盤戦でも目の前に立ちはだかってきた”宿敵”に、再び苦汁をなめさせられた。

「やはり11番、バーディーチャンスにつけられるところから、ボギーにしてしまうというのが、自分自身、すごく不甲斐ない感じがある。そのあと、14番、15番でバーディーを取りましたけど、うまく立て直せなかった。『残り3ホール(が勝負)だな』というところで、16番のティーショットでミスして、パットもミスというか入らなくて、あれも結構効きましたね。

 片や、ジャスティンは9番で難しいパットを決めていましたし、10番でもいいパットがあって(カップのふちに止まったが、数秒後にカップイン)、なんか持っているな、と思っていた。その後、11番から13番まで難しいホールでも素晴らしいプレーをしていた。16番でもボギーになりそうなところをセーブして、17番のバーディーにつながったのかな、という印象があります」

 松山は今季、最終日に爆発した全米オープンで2位タイという結果を残しているが、メジャー優勝に最も近づいた、現実的に手が届くところまできていたのは、間違いなく今大会だろう。それだけに、悔しい結果だった。

 だが、メジャー大会において、本当の意味での優勝争いに加わったのは今回が初めて。この経験を糧にして、近い将来、悲願を達成することを期待したい。

「(最終日に優勝争いに加わって)ギリギリの戦いをやれるのは楽しいですし、そこで勝てれば、なおさら楽しいと思う。でも、この経験を次にどう生かせばいいのか、何をすれば勝てるのかは、今はわからない。とにかく、こういう場数が増えれば、それだけ(優勝の)チャンスが増えるということだと思うので、そのチャンスをどんどん増やしていけるようにしたい。そのためにまた、一生懸命練習したいと思う。

(メジャー優勝への距離は)最後の3ホールまでは近いところにいたので、そういう意味では(今までで一番)近かったんじゃないですかね。ただ、ここまで来た人はたくさんいると思いますし、その先(のプレー)で、勝てる人と勝てない人の差が出てくると思う。(自分は)勝てる人になりたいな、と思う」

 間違いなく松山は「勝てる人」だろう。今季の成績がそれを実証している。さらに今大会の戦いぶりを見て、日本人のメジャー優勝が決して夢物語ではないことを、より多くの人が強く実感したはずだ。

■ゴルフ 記事一覧>>