【詳細】他の写真はこちら

神田うのさん(42)の子育てが教育熱心で楽しそうだと話題に。公式インスタグラムとブログでは「娘のいる生活を全力で楽しんでいる幸せなうのさん」がウォッチできる。

◆教育熱心な働くママの顔



うのさんの公式ブログでは娘の教育に関する投稿がしばしば見られる。「舞台稽古」(神田うのブログ)と題した2017年8月4日の投稿には、愛娘のバレエ発表会の舞台稽古の感想をアップ。うのさん自身も、レッスンに通い現役で踊っているだけに、深い思いが綴られている。写真が掲載されている小さなチュチュとバレエシューズが愛らしい。同日に投稿された「朝練」(神田うのブログ)というタイトルのブログ記事では、朝から、娘のバイオリン個人レッスンにも立ち会う、教育熱心なママの顔が垣間見える。ブログの下部に、自身のトークーショーの告知もあり、ママも仕事も楽しむ様子が分かりやすい。



Uno Kandaさん(@unokandaofficial)がシェアした投稿 -



◆美女に囲まれたおじさん状態?



インスタグラムの写真は、主に「働くママ」としての写真が中心だ。子どもと離れた時間の、社交や仕事のスナップだ。40を過ぎた彼女は、やたら美女に囲まれている。2017年7月24日は、レセプションパーティーと、その後の2次会で、オペラ歌手の鈴木慶江(44)やタレントの中島史恵(49)を始めとするドレス姿の美女を侍らせてワインを片手に微笑んでいる。2017年7月20日の、友人のバースデーと思われる女子会にも、きらびやかなドレス姿の美女がズラリ。2017年5月15日にはシャンパン片手の観月ありさに顔を寄せ、2016年12月4日には剛力彩芽と「エスカーダジャパンコーリアオーストラリア社長のセロックさん」と紹介したセレブ系美女に挟まれている。どことなく「お金持ちのおじさまが美女を侍らせてご満悦」のような状態を思い出す。



Uno Kandaさん(@unokandaofficial)がシェアした投稿 -



◆超絶スタイルでも40代は維持が大変!?



スタイルの良さで有名なうのさん。特に美脚には定評があり、2017年5月11日の葛西臨海公園での袖がレースのAライン白ミニワンピ姿はお人形のようだ。しかし40代ともなると、生まれ持った恵まれたスタイル維持にも努力が必要なようで、2017年7月26日には、ハードな腹筋トレーニングをする動画をアップしている。そのかいもあり、2017年7月29日には、ギャルのようなノースリーブミニ姿を披露。2017年4月18日は自身のブランドの着物姿。貫禄の着こなしで艶っぽい。



Uno Kandaさん(@unokandaofficial)がシェアした投稿 -



◆バレリーナに年齢はない?妖精的な美



うのさんが、プロのバレリーナの道を志してもおかしくない実力者であったのは有名な話だ。2017年6月9日に投稿した写真では、自身のブランドのウェディングドレスを着てアラベスクパンシェのポーズをとっているが、妖精のような美しさだ。



Uno Kandaさん(@unokandaofficial)がシェアした投稿 -



◆年を重ねてこそ出る「育ちの良さ」の底力



うのさんのブログやインスタグラムから伝わってくるのは、とにかく「全部楽しむ!」という貪欲なまでのエネルギッシュさ。子育ても、仕事も、遊びも、トレーニングも「楽しい」と思えば爆発的な集中力を発揮するタイプに思えてくる。また、「いかにスタイル抜群の美女とはいえ、アラフォーママはトレーニングが大事!」という部分も見て取れる。若い頃は弾けたギャルのイメージがあったうのさん。当時はTVからも漏れてくる、「有り余るエネルギーを遊びに向ける」パワーに圧倒される感があった。「マダム」と呼ばれる年齢になった今、教育に仕事に社交に程よく分散している要領の良さは、教育熱心な家庭で自然と身についたお嬢様力にも思える。なにかと週刊誌に縁のあるうのさんだが、出産後、男性関係のスキャンダルも聞こえてこない。きらびやかなインスタグラムを眺めていると、同性の美女に囲まれて遊ぶことで発散しているようにも思え、ホストクラブに行くよりずっと楽しそうな「既婚ママなりの遊び方」も参考になる。

外部サイト