フリーでいるときも楽しいですが、恋人ができたときに感じる幸せってたくさんありますよね。「大好き」「愛してる」と言われることもうれしいですが、言葉以外にも幸せを感じる瞬間がたくさんあるのです。今回は、「最高の恋人ができたときに感じる幸せ」についてご紹介します。あなたはいくつ当てはまりましたか?

最高の恋人ができたときに感じる幸せ

1. 強がらずに素の自分を出せること

好きな人ができたら、つい自分を大きくみせたくなるもの。しかし、心を許した恋人には、かっこ悪い姿だって見せられるのです。どんな自分でも受け入れてくれる相手ってそうはいません。最高の恋人と付き合えたとき、「この人とだったら大丈夫」という安心感を得られるのです。

2. 相手の幸せを自分のことのように感じられること

自分のことだけじゃなく、相手にいいことがあったときにも、心からうれしく思えること。相手のことが本当に大好きであれば、成功をねたむことはありません。幸せになってほしい人が自分以外にもいるということは、それだけ相手のことをいとおしく思っているからです。

3. 風邪をひいたとき看病してくれること

体調が悪い日に、恋人が看病してくれること。ひとり寂しく高熱に耐えていた頃を思い出すと、そのありがたみがわかるでしょう。自分のことを心配してくれる人がいるって、すごく愛情を感じるのです。

4. 2人一緒の将来を描けること

「もしも一緒に暮らしたら……」「もしも2人の子どもができたら……」など、2人の将来設計ができること。大好きな人の未来に、自分がいる。最高の恋人は、そんな希望をもたせてくれるのです。

5. コンプレックスを受け入れてくれること

コンプレックスである小さい目や丸い鼻も、「かわいい」と受け入れてくれること。自分の欠点が、相手にとっては魅力的なチャームポイントになります。こんな自分でもいいのかと、自信を持たせてくれるのです。

6. 相手の体温が温かいこと

抱きしめあうと、相手の体温が伝わってきて、心臓の音まで感じられること。大好きなパートナーと抱き合うと、体の温かさと愛情が一緒に伝わってくるような感覚がするのです。

7. 作り笑いなんて必要ないこと

大人になるにつれて作り笑いが定着していきますが、最高の恋人の前では思いっきり笑うことができるでしょう。一緒にいて心から楽しいと思えるからこそ、意識せずとも自然と笑顔になるのです。

8. こんな人になりたいと思えること

パートナーのように優しい人になりたい――など、尊敬できる恋人と付き合うことで、自分を高めていくことができます。恋人に出会う前の自分とは見違えるほど、人として成長していることでしょう。

9. 自分が強くなれること

パートナーの役に立ちたいという思いが、自分を強くしていきます。恋人の弱い一面を知ったとき、「この人を守りたい」という勇ましい気持ちがわいてくるでしょう。大事な人ができたとき、男女関係なく人は強くなるのです。

10. 新しい発見がたくさんあること

最高の恋人は、あなたに知らない世界をたくさん教えてくれます。付き合っているうちに新しい趣味ができたり、考え方が変わったり、ステキな発見がたくさんあるでしょう。自分の世界を広げてくれるパートナーと一緒に過ごすと、新しい自分へと日々進化していけるのです。