青春18きっぷシーズンまっただなか。全国各地のJR路線で、普通・快速・急行・特急といった夏の臨時列車が走っています。そんななかでも青春18きっぷだけでの乗れる、指定席券・グリーン券・特急券など不要の列車をピックアップ。今回は、国鉄形特急電車189系を使ったJR東日本の快速列車に、クローズアップします。

新宿〜河口湖を乗り換えなし約2時間で結ぶ、JR線・富士急線 直通快速「ホリデー快速富士山」です。

快速 ホリデー快速富士山 1号(8571M/新宿08:14発→河口湖10:28着)と、同 2号(8570M/河口湖16:00発→新宿18:04着)は、豊田車両センターの189系6両編成が担当します。

運転日は9月30日までの土曜・休日。座席は普通車一部指定席で、1号・2号とも最後部車両が指定席車両、前より5両が自由席車両です。

途中停車駅は、三鷹、立川、八王子、高尾、相模湖、上野原、四方津、大月、都留市、都留文科大学前、三つ峠、富士山、富士急ハイランド。

豊田車両センターの189系は、グレーブルー系旧あずさ色のM50編成、国鉄特急色のM51編成、緑赤帯系グレードアップあずさ色のM52編成の3本。8月前半は、M50編成が担当した日が多かったようです。

この189系には、簡易リクライニングシートというやや薄めの座席も存在します。国鉄時代の特急車両を、予約なし・追加料金なしで体感するならば、このホリデー快速富士山で。