コバチッチは体を張って与えられた仕事を全うした。このマークにはメッシも苦しみ、本来の力を発揮できず【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

“メッシ番”にコバチッチの奇手。マンマークでエース封じ

 現地時間13日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ(スペインスーパー杯)の第1戦で、リーグ王者のレアル・マドリーと国王杯覇者のバルセロナが対戦した。ジダン監督はこの試合でバルサのエースを封じるため、意外な策を講じた。ネイマールを失ったバルサは対抗できたのか、そしてマドリーが奇策に打って出た理由とは。(文:西部謙司)

---

 現地13日にカンプ・ノウで行われたスーペル・コパ第1戦は、アウェイのレアル・マドリ―が先勝した。

 驚いたのはマドリーのマテオ・コバチッチがバルサのリオネル・メッシをマンマークしていたことだ。これまでもさまざまなメッシ対策があったものの、ジネディーヌ・ジダン監督になってからここまで明確な対策を打ったのは初めてだ。

 コバチッチは66分に負傷交代したが、それまでは徹底的にメッシをマークして仕事をさせなかった。相手のエースをマンマークして試合から締め出し、10人対10人の戦いに持ち込むのは古典的な手法だが、この試合では上手くいっていた。

 コバチッチはメッシが最前線に入ったときだけ味方にマークを受け渡していたが、バイタルエリアにいるときはつきまとってパスが入らないようにしていた。対峙したときは簡単に飛び込まず、その間に味方も援護してメッシに突破を諦めさせる。アンカーのカゼミーロではなく、コバチッチにメッシ番を任せたのがポイントだろう。

 カゼミーロはいつも通りディフェンスライン手前のスペースを埋めた。ここはマドリーの生命線なので変更できなかったのではないか。メッシ番は自分も試合から消えてしまう。代役のコバチッチは高度な技術を持つMFだが、アジリティもあってメッシをよく抑えていた。攻撃に関与できないのはコバチッチにとってストレスがあったはず。ある意味非情なオーダーだが、ジダン監督はたまにこういう采配を見せる。

 この試合はルカ・モドリッチが出場停止、アウェイでもあった。新10番不在のマイナスを埋めるよりも、エースを封じることで相手のマイナスを大きくする作戦である。

マドリーの高速カウンター炸裂。バルサはメッシ以外に攻め手なく…

 前半はほぼ互角。バルセロナはなかなかメッシを経由した攻撃ができなかった。試合が動いたのは後半、49分にマルセロのGKとDFの間を狙った鋭いクロスボールに触ったジェラール・ピケがオウンゴール。マドリーが先制した。

 55分にはトニ・クロースのサイドチェンジから左サイドを抜け出したカリム・ベンゼマが折り返し、ダニ・カルバハルが合わせたが、間一髪でジョルディ・アルバがシュートをブロックした。

 66分にメッシ番を完璧にこなしていたコバチッチが負傷してマルコ・アセンシオと交代する。アセンシオはダイヤモンド型の中盤の右に入り、これでメッシはマンマークから解放された。

 立て続けに強烈なシュートを放つメッシ。ルイス・スアレスへのファウルで得たPKをメッシが決めて1-1に追いついた。さらにバルサの攻勢が続くが、80分にマドリーのカウンターアタックが炸裂。ベンゼマと代わって登場していたクリスティアーノ・ロナウドがピケをかわしてファーサイドへ豪快な一発を叩き込み、マドリーが再びリードする。

 2-1となった直後、レアルはガレス・ベイルを下げてルーカス・バスケスを投入する定番の逃げ切り策を打つ。82分、C・ロナウドがシミュレーションで2枚目のイエローカードをもらって退場(ゴール後にユニフォームを脱いですでに一度警告を受けていた)。

 10人になったマドリーは全員が引いて守備の砦を築く。90分には再びカウンターからアセンシオがニア上隅へ見事なシュートを決めて3-1と引き離した。

 C・ロナウドをレッドカードで失ったのは痛手だが、アウェイでの3-1勝利はスーペル・コパ制覇へ大きく前進したといえる。ネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍したバルサは、メッシを消されると攻め手がない。早急にネイマールの抜けた穴埋めが必要だろう。

(文:西部謙司)

【了】

text by 西部謙司