メインビジュアル

写真拡大

 菊地敦己、服部一成、葛西薫の3人のアートディレクターが手掛けた装丁を展示する「三人の装丁」が、アワ フェイバリット ショップ(OUR FAVOURITE SHOP)内のOFS galleryで開催される。会期は8月18日から9月18日まで。
 菊地敦己は「サリー・スコット(Sally Scott)」のアートディレクションや青森県立美術館のVIサイン計画、「装苑」のデザインなど美術や建築に関わる仕事を中心に活動。服部一成はキューピーハーフの広告や「流行通信」「真夜中」といった雑誌のアートディレクションを、葛西薫はユナイテッドアローズや虎屋の広告制作およびアートディレクションを手掛けるなど、3人それぞれがデザイン業界の第一線で活躍するアートディレクターとして知られている。
 「三人の装丁」では3人がデザインした装丁を展示するほか、オリジナルポスターをサイン付きで販売する予定。メインビジュアルは菊地が制作した。