イギリスのロンドンに住むリラさんは家族の結婚式を翌週に控えた2014年7月、Twitterでこんな呼びかけをしました。

あなた男性?来週末の結婚式のために、あなたを借りられないかしら?

@Llia ーより引用(和訳)

するとフィルさんという男性から返信が!

僕、協力できるよ。スーツとか全部揃っているし!

@Llia ーより引用(和訳)

フィルさん:
デートだ!これってただのデートだよね?

リラさん:
インターネットでの出会いってこんな感じでうまくいくの?

フィルさん:
僕のおばあちゃんがすでに君に会いたがっているよ。

リラさん:
あら嬉しいわ。でも私の結婚式にあなたのおばあちゃんは招待していないわよ。

いや、待って。『(私のじゃなく)結婚式』よ。いい間違えちゃった。

@Llia ーより引用(和訳)

結局、男性は結婚式には出席しなかったが…?

そんなやりとりの後、フィルさんは結局、リラさんの家族の結婚式には出席しませんでした。

しかし、このツイートがきっかけで知り合った2人は別の日にデートをすることにしたのです。

そしてちょうど3年後の2017年7月、リラさんはTwitterで驚きの報告をしました。

ほぼきっちり3年後、私、彼と結婚しました。

@Llia ーより引用(和訳)

やったぜ!僕の妻、リラと一緒に婚姻届を提出してきた帰りだよ。

@philgibson01 ーより引用(和訳)

なんと、リラさんとフィルさんは結婚したのです!

冗談のようなTwitterでの出会いから3年後、本当に夫婦となった2人。運命の出会いは、どんなシチュエーションでやって来るか分からないものですね。

どうぞ末永くお幸せに!

[文・構成/grape編集部]