大久保佳代子

写真拡大

8月14日の「KEYABINGO!3」で、欅坂46の姉妹グループ・けやき坂46(ひらがなけやき)による企画「最後の晩餐グランプリ」が放送され、ジャッジ役としてゲスト出演した大久保加代子が、死ぬ前に食べたい一品をプレゼンするメンバーひとりひとりに噛み付いた。

【写真を見る】大久保に、コンビニで売っているスモークタンを“安いのでおすすめ”とすすめた東村芽依

今回の企画は、娘役という設定のひらがなけやきメンバーが、自らが死ぬ前に食べたい思う一品を、病室で寝込んでいる母親役の大久保にプレゼンするというもの。

まずは、佐々木美玲が最後の晩餐としてすすめたのが、世界三大チーズでもあるゴルゴンゾーラ。今では冷蔵庫にストックするほどゴルゴンゾーラにハマっているという佐々木は、フランスパンにチーズを乗せてトースターで焼いた後、メープルシロップをかけた一品を差し出した。最初はチーズの臭さになんとも言えない表情を見せていた大久保だが、一口食べると「オオクボ〜ノ〜」と絶賛し、合格とジャッジした。

また、CoCo壱番屋で4甘を注文するほど甘党だという影山優香は、お母さんが玉ねぎを1時間じっくり炒めて作ってくれる特製甘口カレーをプレゼン。さらに影山はその甘口カレーにハチミツを大量投入。その異常とも思える行為に対し、大久保と父親という設定のサンドウィッチマン富澤も引き気味に。若干躊躇しながらも口にした大久保は、その甘さに「糖尿病になるわ」とコメント。不合格とジャッジした。

そして、東村芽依が死ぬ前に食べたい一品としてすすめたのは、コンビニでも売っているスモークタン。1回で3箱買って食べているほどハマっているという東村に対し、大久保は「良くないよ塩分、だから顔まんまるになっているじゃない」と忠告。実際に試食してみて、その美味しさは認めたが、最後の晩餐にふさわしくないという理由から判定は不合格だった。コンビニにも売っていて安いのでおすすめと食い下がる東村に対し大久保は「えげつない程貯金があるのよ」と突き放した。

続いて、加藤志帆がお父さんが作ってくれた幻のからあげをプレゼン。「これがあればご飯13杯はいける」と自信を持ってすすめる加藤に対して大久保は、そのあまりの味の濃さに「何だお前は」と一喝し、不合格とジャッジした。

最終的に大久保が最も美味しかった最後の晩餐として選んだのは、最初にプレゼンした佐々木の「ゴルゴンゾーラ&メープルシロップ」。チーズ臭さからの逆転劇が良かったと評価した。

次回の「KEYABINGO 3」は、8/21(月)深夜25:39から放送される予定だ。