そんな細かいこと気にしなくていいのに、寝る前に必ずしてしまう一人反省会。そして、何よりも楽しいひとりで過ごす時間──。他人と話すのがちょっと苦手な内向的な人なら、思わず共感してしまうイラストが以下。描いているのは、イラストレーターのDebbie Tungさんです。

01.
ひとりの反省会

友達と楽しく一日を過ごした日の夜。

「さて、今日一日の反省会の時間です。今日はどんな恥ずかしいことを言っちゃったかな…」

02.
私なりの正装です

リラックスできる部屋着が、ね。

03.
体力ゲージ

何もしなくても、人がたくさんいるだけで疲れちゃう。

04.
あれ、あの子と
ハグする仲だっけ?

「今日は楽しかったよ!またね!」

友達と別れ際にハグしたあと…

どうしてハグなんかしちゃったんだろう、きっと変なやつだと思われてるんだろうな。

そもそもハグするほど仲良くなかったかも、これから毎回ハグしなきゃいけないのかな?どうしよう、どうしよう…

もう死にたい!

05.
私の目を
輝かせるのは

「ねえ、なんだか嬉しそうね。どうせ新しい本でも届いたんでしょ?」

「分かる?今サイコーの気持ち!」

06.
人に会うには
パワーが必要なんです

「今朝出かけてる間に、お隣さんが荷物を受け取ってくれたみたい。早く取りお礼を言いに行かなきゃ」

…と思っている間に日が暮れました。

07.
基本的には出不精

「出かけなきゃ」

「でも、全然どこにも行きたくない」

08.
雨の日って

「今日は朝から雨だから出かけられないな。…最高だね」

09.
よし、社交的になろう

「オーケー、私、社交的になる準備できたと思う」

「気のせいだった」

10.
ポツン

知っている人が誰もいない、社交的な人たちが集まっているイベントでひとり取り残されることほど怖いことはない。

11.
パーティーの準備?

「こんにちは。今日はたくさん買うね。パーティーか何か?」

「ええ、まあ、そんなところです」

ウソは言っていない。おひとりさまパーティーだけどね。

12.
至福のひととき

何もしないで、ひとりでずっとのんびりする日。

「ああ、今日ってサイコー!」

13.
心の準備はOK?

パーティーに行く前の準備

ステップ1:パーティーに来る知り合いのことを考える。

ステップ2:パニックになる。

14.
カップルの場合

家に帰った途端に、自分がでてくる。

これらのイラストを手がけているイギリス在住のDebbieさん。

芸術科の学位に加え、コンピューターサイエンスの修士を持っているという彼女の本業は、なんとプログラマー(しかもこの仕事が大好きなんだそう!)。

「プログラミングとお絵かき、まったく正反対なふたつのことに取り組むことで、私はバランスを取っているの」

どちらにしても部屋にひきこもることが好きな彼女のイラストだからこそ、なんだか共感できたのかも?

Licensed material used with permission by Debbie Tung(Instagram),(Tumblr)