マンUのムヒタリアン、新戦力に期待「本当に良い契約をした」

写真拡大

 マンチェスター・Uのアルメニア代表FWヘンリク・ムヒタリアンが、今夏同クラブに加わった新戦力に期待感を示している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が14日に報じている。

 13日に行われたプレミアリーグ開幕戦でマンチェスター・Uはウェストハムと対戦し、4−0で勝利を収めていた。マンチェスター・Uは今夏ベルギー代表ロメル・ルカク、セルビア代表ネマニャ・マティッチ、スウェーデン代表DFヴィクトル・リンデルフを獲得した。ルカクとマティッチはスタメンで開幕戦に出場し、ルカクは2得点を挙げるなど新戦力が活躍をみせていた。開幕戦スタメンに名を連ねていたムヒタリアンが新戦力について次のように述べた。

「マティッチだけでなく、リンデルフとルカクの契約にも言及したい。彼らは本当に素晴らしいプレーヤーだ。もうマンチェスター・Uの重要な選手たちだと思う。マティッチはピッチで重要な仕事をしている。彼はリカバリーに長け、守備面でに大きな仕事をしてくれた。ルカクはゴールを決めているし、リンデルフはまだ試合には出れていないけどアピールする時間はまだある。すべての選手と本当に良い契約をしたし、彼らはこれからたくさんチームを助けてくれるだろうね」と話し、新戦力に期待感を表した。

 昨シーズン序盤は同クラブのジョゼ・モウリーニョ監督から中々信頼を得られず、出場機会に恵まれなかった同選手は、「プレーヤーとクラブというのは、常に浮き沈みを起こるものなんだ。ここ数年、クラブは少し落ちたと思うが、昨年から、そして今年はクラブは上がると思う。クラブを以前のレベルに引き上げるために全力を尽くしたい」と語り、今シーズンの意欲をみせた。。

 昨夏に日本代表MF香川真司が所属するドルトムントから同クラブに加入したムヒタリアンは、8月に行われたFAコミュニティ・シールドのレスター・シティ戦で公式戦デビュー。徐々にモウリーニョ監督からの信頼を得ると、昨シーズンのUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝では貴重なゴールを決め、チームのEL制覇に貢献した。

 次節、マンチェスター・Uはスウォンジーとアウェイで対戦する。