バルサ加入が近づいている

写真拡大

コウチーニョのFCバルセロナ加入の可能性が高まってきた。12日土曜日のワトフォード戦後に、コウチーニョの離脱をほのめかす発言をしたユルゲン・クロップ監督は、14日(月)に発表された欧州CL予選ホッフェンハイム戦の出場選手リストにコウチーニョを加えなかった。

【関連記事:バルサ 選手自ら補強を要求】

リバプールに対しトランスファーリクエストを提示したコウチーニョは、わずかな不調を理由にホッフェンハイム戦を欠場する。しかしこれはバルセロナへの移籍に支障を出さないための言い訳に過ぎないだろう。
スーペルコパ・デ・エスパ―ニャのクラシコ戦1stレグで手痛い敗北を喫したバルサは、コウチーニョとデンベレ監督の交渉により力を入れた。バルサのテクニカル部門は、コウチーニョとデンベレこそネイマール離脱後のバルサが必要とする補強選手だと考えている。