© LINE Corporation

『LINE(ライン)』がバージョン7.9.0にアップデートされ、カメラ機能が大幅にグレードアップしました!

目を大きくしたり輪郭を細くしたりできるエフェクトや顔を美肌に補正してくれる機能が追加されたり、写真のサイズが自由に選べるようになったり、写真に文字入れや落書きをしたりすることができるようになりました。
さらに、動画の撮影後にトリミングや音声の削除もできるようになりましたよ。

今アップデートで、コミュニケーションツールとして毎日活躍していた『LINE』が、カメラとしても最強の性能を持つようになりました。カメラ機能もLINEを入れておくだけで事足りるのではないかという印象です。

最強になったLINEのカメラ機能の使い方を早速チェックしましょう!

LINEのトークに打ち上げ花火が上がる!?
LINEのトークで「花火」と打つと・・・!?

LINEがまさかの最強カメラアプリに!?

最高の1枚が撮れるエフェクト多数

LINEのトーク画面からカメラを起動します。
画面左下の顔マークをタップすると、目を大きくしたり輪郭を細くしたりできるエフェクトが使用できます。


エフェクトをかける強さも0〜100まで自由に調節できるので、自分の顔を自由に加工できます。

▼0と100の比較。ご利用は計画的に▼


写真のサイズが変更できる

画面右上のマークをタップすると、画像サイズを変更することができます。
正方形があるのは嬉しいですね。LINEやTwitterなどのアイコンにしやすそうです。

ちなみに、その左隣にある時計のようなマークをタップするとセルフタイマーが使えます。


『B612』や『Foodie』の人気フィルターが使える

大人気アプリ『B612』や『Foodie』の人気フィルターがLINEで使えるようになりました。
1タップでガラッと雰囲気が変えられるのが良いですね。


地味に嬉しい動画のトリミング&音声削除機能

動画撮影後、動画をカンタンにトリミングしたり、画面右下のマークをタップするだけでカンタンに音声を削除できるようになりました。

この機能、地味に嬉しいという人も多いのではないでしょうか。
雑音などが入ってしまった動画の音声をサクッと削除したい時などにかなり活躍しそうですよね。


LINEバージョン7.9.0の新機能をまとめてチェック!

■トークルームのカメラをリニューアル

面白いもビューティーも叶うフェイスエフェクト (iPhone 5以上に対応)魅力的な写真が撮れる多彩なフィルターセルフタイマー撮影する画面サイズの変更

■送受信した動画やYouTube動画を小さく表示し、再生しながらトークなどができるようにサポート

引用元:LINEを App Store で - iTunes - Apple