話題の「バイリンガルおもちゃ」で本当に英語の力がつくの?効果が期待できる年齢&注意点

写真拡大

2020年から英語が小学校の正式教科になることから、幼児期からの英語教育がますます盛んになってきました。親としても、「何かさせておいた方がいいかしら?」といろいろ情報を集めていることでしょう。

グローバルな子どもに育てるには? 0歳から教えられる「コミュニケーション力の基本」4つ

そんな英語教育の一貫として、最近話題になっているのが“バイリンガルおもちゃ”です。

さて、バイリンガルおもちゃは、英語教育に役立つのでしょうか?『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱している平川裕貴がお話しします。

バイリンガルおもちゃは役立つの?

もし、バイリンガルおもちゃを与えるなら、ぜひ0歳からにしてください。

2歳くらいまでの子どもはまだ母国語が固まっていません。世界の何語でも聞き取れ話せる能力を持っています。この時期に日本語ばかり聞くと日本語が、英語ばかり聞くと英語が母国語として定着していくわけです。

ただし、日本で暮らしている限り、英語ばかりを聞く環境にはなり得ませんが。

日本語しか聞かないと日本語にない音を聞き取る能力がどんどん消滅していきます。7〜8歳頃には母国語以外の音を聞き取れなくなるという説もあります。

ですから、ぜひ0歳から音として英語を聞かせることをお勧めします。そのために、乳児が興味を持ちそうなおもちゃがバイリンガルというのは、英語教育に十分役立つと思います。

3歳からでは遅い?

では、3歳になってしまってからでは遅いのでしょうか?

まったく効果がないとは言いませんが、日本語しか聞いてこなかった子どもに、バイリンガルおもちゃを突然与えても、もし、本人が英語にまったく興味を持っていなければ、まず英語の音(センテンス)は耳に入ってこないでしょう。

日本語で意味を理解できてしまったら、英語を聞く必要がないからです。

ですから、英語に興味を持っていない子に、バイリンガルおもちゃだけを与えて、英語教育をしているつもりになってしまうのは考えものです。費用対効果から考えると、無駄な買い物になってしまうでしょう。

まず、何よりも本人に英語への興味を持たせることが大切です。

子どもが「これは英語でなんと言うのだろう?」とか「英語ではどう言えばいいのだろう?」と興味を持たせるために使うとか、すでに英語に興味を持っている子には、バイリンガルおもちゃはとても役立つでしょう。

バイリンガルおもちゃを使う場合の注意点

バイリンガルおもちゃを与えるのは、1歳くらいまでの、まだ意味を理解する能力が十分ついていないうちの方がいいと言いましたね。

乳児にとっては、日本語も英語も単に聞こえてくる音として捉え、日本語にない周波数の英語の音も聞き取れる耳が育っていくからです。

日本語の意味が理解できるようになると、バイリンガルおもちゃは、「訳す」すなわち「まず日本語を考えてそれを英語に訳す」という癖をつけてしまう可能性があります。

筆者は、この「訳す癖」が、日本人が英語が苦手な大きな原因だと考えています。これについてはまた機会を改めて書きたいと思いますが、そのため、子ども達にはできるだけ「訳す癖」をつけてほしくないのです。

ですから、バイリンガルおもちゃを与えるにしても、必ず英語のみのDVDやTV・YouTube番組や教材も併行して利用してください。

まとめ

知育玩具は、どれもある程度の効果は期待できると思います。高価なおもちゃが宝の持ち腐れにならないためには、ある程度親のサポートも必要ですね。

バイリンガルおもちゃも、与えっ放しというのではなく、バイリンガルおもちゃを英語に興味を持たせるきっかけにして、次のステップを目指しましょう。