プレミアリーグ、シーズン開幕前に移籍市場が閉じる?“大改革”を検討か

写真拡大

プレミアリーグにおける夏の移籍市場の最終日が、これまで以上に早まるかもしれない。

英国『Sky Sports』など各メディアが伝えている。

例年、8月の末に移籍ウィンドウが閉まるプレミアリーグ。その最終日は「デッドラインデー」と呼ばれており、多くの移籍が駆け込みで実現することから盛り上がりを見せる。

そんなプレミアリーグだが、夏の移籍市場の早期終了を検討しているという。

記事によれば、この変更についてはプレミアリーグクラブの大多数が賛成しており、来月7日(木)に会合が行われるそう。

また、同じく9月に行われる株主総会で20チーム中14チームが賛成の意思を表明すれば、来夏から夏の移籍市場はこれまでより早くに閉まることとなる。

仮に8月中旬にプレミアリーグの移籍市場が閉じるすることになれば、欧州における競争力が低下することも懸念される。移籍先を探す選手にとって、ドイツやスペイン、イタリアといったリーグでは半月ほど長くマーケットが開いており、そちらを選ぶ可能性が高くなるからだ。

しかしリーグ全体の整合性を考える上では、シーズンの開幕前に移籍市場が閉まることが好ましいと考えるクラブもあるという。仮に移籍期限が早まれば、プレミアリーグの今後を占う非常に重要な変更となる。

なお、冬の移籍市場については現在のところ議題にあがっていない。