正恩氏(左)とトランプ米大統領(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が14日に朝鮮人民軍戦略軍司令部を視察し、金洛兼(キム・ラクギョム)戦略軍司令官からグアム包囲射撃案の報告を受けたと報じた。金委員長は長い時間をかけて具体的に検討し、指揮官と真剣に話し合ったという。

 金委員長は「米帝(米国)の軍事的な対決盲動がわが手でわが首に縄をかけることになった」としながら、米国の行動を「もう少し見守る」と述べた。

 また、「われわれの自制力を試し、朝鮮半島周辺で危険千万な盲動を続けるようなら、すでに宣言した通り重大な決断を下すことになる」と威嚇。戦略軍には「わが党が決心さえすればいつでも実戦に突入できるよう、常に発射体制を備えていなければならない」と呼びかけた。

 視察には黄炳瑞(ファン・ビョンソ)軍総政治局長とキム・ジョンシク党中央委員会副部長が同行した。