セビージャ守護神S・リコ、2021年まで契約延長…「ここで幸せ」

写真拡大

 セビージャは14日、スペイン代表GKセルヒオ・リコとの契約を2021年6月30日まで延長したと発表した。

 発表によると、S・リコは14日にセビージャとの新契約を締結。同選手は2016年1月に2019年までの契約を結んでいたが、新たに2年間の契約延長で合意した。

https://twitter.com/SevillaFC/status/897055151361585152

 S/リコは1993年生まれの23歳。セビージャの下部組織出身で、2014年からトップチームでプレーしている。2度のヨーロッパリーグ制覇に貢献し、公式戦通算129試合に出場。昨年6月にはスペイン代表デビューも果たし、ポルトのGKイケル・カシージャス、マンチェスター・UのGKダビド・デ・ヘアとともに、ユーロ2016のメンバーに選出されている。

 S・リコは契約延長にあたり、「多くのクラブからオファーがあったのは本当だし、興味を持ってくれた全てのクラブに感謝したい。でも、クラブは自分に契約延長の意向をすぐに示してくれたし、それが自分にとって唯一の考えだった。自分はセビージャ育ちで、ここで快適にプレーしている。自分はクラブの一部で、ここで幸せだよ。セビージャ以外のクラブでのプレーが頭をよぎったことはないんだ」と、クラブへの忠誠を誓っている。