MACKINTOSH 0001

写真拡大

 「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」が、ロンドンを拠点に活動する若手デザイナー キコ・コスタディノフ(Kiko Kostadinov)が手がける新ライン「マッキントッシュ 0001(MACKINTOSH 0001)」を9月2日にドーバー ストリート マーケット ギンザで先行発売し、展開を開始する。
 「マッキントッシュ 0001」はユニセックスの新ラインで、シーズンごとにナンバリングされる。2017年秋冬シーズンでは、1960年代後半のイタリアで興った美術運動「アルテ・ポーヴェラ」を着想源に、「マッキントッシュ」のアイコンであるゴム引きコートなどに用いられるシームテープのディテールを再解釈したコレクションを展開。背中にラバーテープをあしらったリバーシブルコートをはじめ、半月型のネックが特徴のジャージーや、前掛けのような構築的なデザインを取り入れたプルオーバー、カシミアウールとシルクの素材を用いたタートルネックなど、黒一色で仕上げたアイテムをラインナップする。
 キコ・コスタディノフは、セントラル・セント・マーチンズ芸術大学出身で、ユニフォームやワークウエアをベースにした、構築的なディテールや革新的なパターンを得意とする。2016年には、在学中に英国ファッション協議会のNEWGEN(New Generation)を受賞。同年6月に自身の名前を冠したブランドでロンドン・コレクション メンズでデビューし、フォーブス誌のアート部門における30歳以下の注目の30人に選出された。