伊勢谷友介、民放連ドラ初出演で極悪人役「悪者顔なのでハマるのでは」

写真拡大

俳優の伊勢谷友介が、小泉今日子主演の新ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系列、毎週火曜22:00〜、10月スタート)で、民放の連続ドラマに初出演することがわかった。

宮藤官九郎脚本の本作は、普通に生まれ、普通に暮らし、普通に死んでいくことがいかに平凡で儚く幸せなことであるかを、笑って泣ける人間ドラマとして描くクライムエンターテインメント。主人公の女囚・馬場カヨ(小泉)が、冤罪で服役している江戸川しのぶ(夏帆)の復讐のため、刑務官の若井ふたば(満島ひかり)、囚人仲間の勝田千夏(菅野美穂)、大門洋子(坂井真紀)、足立明美(森下愛子)と、ある大企業のイケメン社長を誘拐する。

伊勢谷が演じるのは、カヨたちの復讐のターゲットになる社長・板橋吾郎。地位と名声、出世欲に駆られた巨悪の男でありながら、プレミアムなイケメンで世の女性たちをみんな虜にしてしまう役どころだ。そして実は、愛人を殺した殺人犯でもある。カヨたちはその真相を暴き、まだ刑務所にいる前社長の娘・しのぶの冤罪を晴らすため動くが、ターゲットであるはずの板橋の虜になってしまうなどさまざまなハプニングが発生する。

今回の出演について、伊勢谷は「今までは、おそらく一人の時間が欲しかったんでしょうね。それがもう皆様と一緒に過ごしたくなったんでしょうか。新しい刺激ってなかなかないものですが、今まで民放で連続ドラマをやらせていただいたことがなかったので、今までにない不安を感じています」とコメント。また「今回の役どころは言うなれば“世の中で最悪の人”。民放初の連続ドラマですのでちょっとは良い人の役でもよかったかなと思いつつも、現在41歳で悪者顔しているのでおそらくハマるのではないかと思います(笑)」と意気込みを語る。

また宮藤は、伊勢谷を起用した決め手について「男子禁制の空間で女が何の話をしているかと言えば、そりゃ男の話。彼女たちにとっては男=非現実。異物。だったら非現実的な男が良い。異物感が大事だ。いろんなタイプの男性をちょこちょこ出すのは面倒くさい。何もかも手に入れ、全て兼ね備えた、スーパーな男性が一人いればいい。そんな経緯で誕生した板橋は、ギラギラした出世欲と野心の塊、言わば“美し過ぎる悪”。これまで自分のドラマには出て来ないキャラクターです。だったら、一度も仕事したことない人が良いだろうと考え、伊勢谷さんにオファーしました。そしたら、俺のドラマどころか、民放連続ドラマ自体が初めてだという。童貞好きの自分としては願ってもない情報です。俄然、楽しみになってきました」と語る。そして伊勢谷は「官九郎さんの脚本ですので、設定も含め役者として前以て自分がやってきたことをしっかり体に刻み込みながらやらなければならないと感じております。自分が先んじて入り込まないといけないことがあると思うのでドキドキしています」と心境を明かす。

このほか、観察力に優れた優秀な検事・長谷川信彦役に、宮藤官九郎脚本の『木更津キャッツアイ』(2002年・TBS)が出世作で、現在もさまざまなドラマで活躍する塚本高史。女子刑務所所長・護摩はじめ役に、これまで数々の舞台やドラマで名バイプレーヤーとして活躍する池田成志。カヨたちと同じ雑居房の受刑者・小島悠里役に、ドラマや舞台、映画で活躍、宮藤官九郎作品にもたびたび登場している猫背椿といった出演者も決定している。