「何か変化を与えたい」――。就任から9試合負けなしで首位を走る鹿島アントラーズの大岩剛監督にそう思わせるほど、川崎フロンターレの攻撃はすさまじかった。


移籍後リーグ戦初ゴールを決めた家長昭博(左)

 J1第22節・川崎Fvs.鹿島の大一番は、前半終了間際に分岐点が訪れた。足に張りのあったエースFW小林悠をベンチに温存し、MF家長昭博を先発させた川崎Fだが、試合立ち上がりから得意のパスワークで鹿島を圧倒する。

その勢いは前半、川崎Fのシュートが8本だったのに対して、鹿島はわずか1本という数字でも示していた。川崎Fは前半3分にボランチのMF大島僚太がボールを奪取すると、MF中村憲剛へとつなぎ、最後はMF阿部浩之がフィニッシュする。その後も前半10分には家長がドリブルで中央を駆け上がり、前半25分には大島が積極的にミドルシュートを放った。

 この流れは、鹿島が攻撃的な川崎Fに対して引いて守ることなく、前からボールを奪いにいく戦い方をしたことにも起因していた。大島の言葉を借りる。

「鹿島はやり方がはっきりしていて、(ボールを)奪いにくるので、その分、ボランチの背後だとかが空いてくると思った。まずはそこを使うことを意識して、その後はサイドから攻めたりというのは考えていました」

「がっぷり四つで組んでくれるチームはあまりない」と、相手に敬意を表した中村も、鹿島に対して大島と同じ思いを共有してピッチで戦っていた。

「自分たちが(ボールを)握れるイメージはあった。ただ、今までやってきたチームよりも、中盤の穴って言うんですかね。ボールも入るし、前も向けるし、逆にそれにちょっと戸惑ったところもありました。ゴール前でもフリーだったので、(シュートを)打てばいいのにちょっと丁寧にやりすぎてしまった。

 そこはだから、大胆にとは言っていましたけど、前半から得点が入る雰囲気はあった。攻守の切り替えのところでも、みんな潰せていましたし、(得点が入るのは)時間の問題だなって思っていた。ただ、前半をしのがれたら、後半(相手に)流れを持っていかれたとも思うので、あの1点が大きかったと思います」

 そこには鬼木達監督が植えつけてきた川崎Fのハードワークと、前線からの守備がはまっていたことも大きい。それは鹿島の大岩監督も、「前半から川崎のすばらしいプレッシャーを自分たちが受けてしまった」と認めている。

 だから、であろう。大岩監督はたまらず、前半終了間際に動いた。それも伝統とも言える4バックを捨て3バックに、システムを、選手の配置を変更したのである。それほどに川崎Fの攻撃は鹿島を圧倒し、苦しめていた。そして、その直後だった。川崎Fの得点が生まれたのは……。

 前半のアディショナルタイムだった。自陣でボールを奪った川崎Fは、大島からのパスを受けたMFエドゥアルド・ネットが前に持ち運ぶと、阿部にパスをする。さらに右サイドで家長がボールを受けると、ゴール前にラストパスを送った。特筆すべきはパスを出した大島も、阿部も、出して終わりではなく、チャンスと見るやゴール前に走り込んでいたことだろう。大島が振り返る。

「アキさん(家長)がボールを持ったときに、阿部ちゃんがこっちを見たので、スルーするだろうなって思った」

 結果的にオウンゴールにはなったが、家長のラストパスに対して阿部がスルーすると、ボールは大島のもとへ。大島は「全然、触ってないんですよ」と笑ったが、懸命に戻ってきたDF西大伍の足にあたり、先制点となった。

 それまで川崎Fの猛攻を耐えていた鹿島だったが、その直前に3バックへと変更し、明らかに攻守のバランスが崩れていた。ポジショニングやマークの所在が不透明になり、それがゴール前でフリーな選手を作り出す結果となった。

 鹿島が4バックから3バックにシステム変更したのは、MFレアンドロとDF登里享平が接触して試合が止まっていた前半38分である。川崎Fも先制点を決めた時点では、相手がシステムを変えたことに気がついていなかった選手もいたほどだが、彼らにはその隙を見逃さない嗅覚が備わっていた。

 0-1で折り返した後半、鹿島が4バックから3バックに慣れる前に追加点を奪ってみせたのも、その嗅覚が成せる業であろう。前半同様にボールを保持する川崎Fは後半1分、右サイドをドリブル突破したDFエウシーニョがゴール前に斜めのパスを通すと、これを登里が落とし、走り込んだ阿部が決めて追加点を奪った。

 ここでも鹿島が不慣れな3バックに対して、ポジショニングや、守備の仕方を見出す前に川崎Fは突き放してみせた。さらに川崎Fはその後、反撃を試みる鹿島をうまくかいくぐり、相手のお株を奪うカウンターを見舞う。後半27分に決まった家長の移籍後リーグ戦初ゴールとなる3点目は、まさに自陣でボールを奪取し、素早いカウンターから生まれた得点だった。ふたたび大島の言葉を借りる。

「メンバーは変わっていなかったですけど、レアンドロが真ん中にいたので、あれって思いました。相手が(DFを)3枚にして、ボランチに普段プレーしていない選手がいたので、そこは狙い目だと思った。

 あとは、高い位置からボールを奪いにくるだろうと思ったので、逆にボールを持たれたときには僕らも奪いにいけばいいなって思った。途中交代で入ってきた選手も、ハイネルとか縦に推進力のある選手だったので、そこでがんばって陣地を挽回するようなイメージでした。ゼロに抑えられればベストでしたけど、チームとしてやりたいことができた試合ではあったと思います」

“たられば”を言えば、鹿島が前半終了間際にシステム変更しなければ、結果はわからなかったという見方もできる。だが、前半の状況や展開のままでは持ち堪えられない、勝機を見出せないと感じられるほど、川崎Fの攻撃が鹿島を圧倒していたということである。中村が言う。

「正直、鹿島が4(バック)を捨てるとは思っていなかった。それくらい鹿島の4は自分のなかでも特別だし、それを変えてくるほど(相手は)前半の戦い方がよくなかったということ。その時点で相手はやり慣れていないわけですし、先手を取ったなと思いました。

 さらに、向こうが立て直して仕切り直す前に追加点を奪えたのが大きかった。前半から人もボールも動いて相手に的を絞らせなかった。前半はそこまで得点が入らなかったですけど、相手に(システム変更させるくらい)そう思わせたというところが大きかった」

 この勝利により鹿島との勝ち点差は4に縮まった。「タイトルが決まる試合ではないですけど、ここで縮めるのと落とすのでは全然違う」と中村は言葉を続けた。ただし、試合終盤の87分に許した失点を選手たちが口々に悔やんだように、今の川崎には現状に満足しない厳しさがある。ふたたび中村が言う。

「したたかで強い相手に(ホーム&アウェーともに)ダブルで勝てたというのは自信になりますけど、ここで一喜一憂してもしょうがない。これを毎試合やっていかなければならない」

 大島も同様だった。

「今日は前からボールを取りにきてくれるので、みんながそこを見逃さなければスペースが自然とできるというのはありました。ただ、対策をされて、引いた相手をどう崩すかというのは今後も課題になる。やりたいことができた試合ではありましたけど、(試合終盤に許した)1失点というのはやっぱり怖いですし、そこは締めるべきポイントだと思います」

 小林が途中出場するまでキャプテンマークを巻いていたDF谷口彰悟も、勝って兜(かぶと)の緒を引き締める。

「もちろん、鹿島を相手にここまでやれたというのは自信になる。でも、逆にここまでできるということを証明できたという意味では、これをスタンダードにしていかなければならない。そういう意味では、勝った次の試合が大事になる。今日は、ナイスゲームはナイスゲームでしたけど、ここで満足することなく次に切り替えていきたい」

 3-1というスコア以上に、川崎Fは首位の鹿島を圧倒した。その多彩なパスワークと展開に応じた攻撃のアイデアには、思わず感嘆の声が挙がるほどだった。だが、谷口の言葉が示すように、これを川崎Fのスタンダードにできるか。頂点を目指すには、継続こそが重要となる。

■Jリーグ 記事一覧>>