科学的にみるとNGだった!? 医学博士が教える「“やめたほうがいい”ダイエット法」4つ

写真拡大

お子さんと同様、ママも水着や薄着になる季節。ダイエットを意識するママも多いのでは?

3日で-2kgも夢じゃない! 美味しく食べて痩せる「塩なしレシピ」とは?

それでなくても、産後は体型の戻りが気になったり、スタイルの維持が難しく、ダイエットしなきゃ〜と誰しも一度は考えるもの。

でも、痩せたいからといって、はやりのダイエットにとりあえず飛びついたりしていませんか?

実は、もしかしたらそのダイエット、科学的に見ると「NG」なダイエットかもしれません。

医学博士・岡田正彦さんの著書『話題のダイエットを格付けしたら…』より、科学的、医学的に見て「NG」なダイエットを4つ、理由とともに紹介します。

1.酵素ダイエット

酵素ダイエットというのは、酵素ドリンクを水で割って、毎日5〜6回飲むか、一食分を酵素ドリンクに置き換えるというもの。

酵素と聞くと、健康に良さそうというイメージがあるのではないでしょうか?

なんとなく、よくわからないけど摂取したら体にいいもの、のような気がしますよね。

まさにその、なんとなく、とか、実はよくわかってないけど……といった部分が厄介です。

岡田先生は、酵素ダイエットと聞いたときに、「食品中や人の体内には無数の酵素が存在するので、『酵素ってどれのこと?』という感じ」だったそうです。

たとえば大根に含まれるジアスターゼという成分は消化酵素で、胃腸に優しく総合胃腸薬などに配合されていたりします。

ですが、酵素ドリンクやサプリメントには、そういった消化酵素が配合されているわけでもありません。

なぜなら、ほとんどの消化酵素は「薬」という扱いなため、配合すると医薬品としての認可が必要になって取り扱いが難しくなるから。

酵素が実際に入っているかどうかもわからないものの科学的根拠を探すことは難しく、岡田先生は「コメント不能」としています。

あたかも消化酵素を配合したかのような宣伝文句が謳われた製品に騙されないよう、消費者側の注意が必要ですね。

2.水飲みダイエット

毎日2リットルの水を飲むと、お通じが良くなるとか肌の調子が良くなるとか、なんとなく水をたくさん飲むと美しくなれるようなイメージ、ありますよね。

水飲みダイエットは、毎食の食前に水を2杯飲む、または体重の4%に相当する水を飲む、毎日10回コップ1杯ずつ水を飲むなどの方法があります。いずれにせよ、「水をたくさん飲んで痩せる」ということですね。

医学専門書によると、体重60kgの日本人の場合、体に入る一般的な水分量は、飲み物が1500ml、食品中の水分が800ml、栄養素が体内で燃焼して生ずる水分が300ml。

体から出ていく水分量は、尿が1500ml、皮膚や呼気から蒸散する水分が1000ml、大便が100ml。つまり、一日に必要な水分は2600mlになります。

ただ、1500mlの飲み物はすべてミネラルウォーターや水道水で賄わなければならないというのは、間違っています。

水以外にも、食事中に味噌汁やスープをとることもあれば、カフェでコーヒーや紅茶を飲んだりもしますので、それらも含めると特に水を意識せずに普通に生活していてもそれなりに水分はとっているものと思われます。

よく言われる「血液さらさら神話」についても、岡田先生は否定しています。

血液がスムーズに流れることができるのは血液中にある赤血球の「柔軟に変形できる働き」によるものですが、この柔軟性は水やお茶を飲んだくらいで変化するものではなく、短期間で血液がどろどろになったりさらさらになったりするものではないそうです。

そもそも、「水だけ飲んでいれば痩せられる」のは当たり前の話。カロリーのないものでお腹を満たし、その分食事を減らせば、痩せるに決まっています。

ですが、その安全性に関しては岡田先生は警鐘を鳴らしています。

短時間に大量の水を飲むと血液が一時的に薄まってしまい、体調を崩す人が多いそうです。体がだるい、足がつるなどの症状、さらにはけいれんを起こしたり、最悪死に至るケースも。

「夏バテ」で病院を訪れる人の中にも、水分のとりすぎが原因という場合も少なくないそうです。

これからの季節、ダイエット目的でなくとも水分の過剰摂取には気をつけた方がいいかもしれません。

3.小麦抜き(グルテンフリー)ダイエット

最近よく聞く「グルテンフリー」。これも、なんとなく健康にいいもののようなイメージがありますよね。

グルテンフリーとは、小麦抜きということ。小麦で作られる食品をいっさい口にしないというのが主な方法です。

このダイエット法が有名になったのは、プロテニスプレイヤーのノバク・ジョコビッチ選手の自著から。

喘息発作や関節痛、疲れやすさなど様々な症状に悩まされていたジョコビッチ選手が、ある栄養学者に「すべての原因は小麦なので、食べるのをやめるように」とアドバイスされて小麦食品を排除する生活を送ったところ、体調がすっかりよくなったという内容なのです。

小麦食品が多い欧米では、グルテンのせいで症状が悪化する病気や体質があることが昔から知られていて、ある調査によると200人に1人くらいはそれに当てはまるそうです。

ジョコビッチ選手も、おそらくグルテンに対する特異体質で、小麦を抜くという「食事療法」で体調が回復したということなのでしょう。

「ダイエット」という言葉には本来「食事」「病気の食事療法」という意味しかないため、このニュースが日本に上陸した際に「やせるための方法」として勘違いされてしまったのではないか、というのが岡田先生の見解です。

つまり、「グルテンフリーダイエット」というのは欧米では食事療法という意味で使われており、痩せるための方法という意味はないのです。

ダイエット法として効果があるのかどうかは、科学的に立証されているわけではないようなので、あまりオススメできないかもしれません。

4.プチ断食ダイエット

言葉の通り、食事を断つダイエットです。「プチ」なので、基本的には1日だけ食事をまったくやめる日を作るという短期的なもの。水分は十分にとり、断食をする前日や翌日も食事は軽めにしてウォーミングアップ&クールダウンにあてます。

このダイエットもかなり浸透していますよね。ホテルなどで「週末断食プラン」という宿泊パックがあったりするくらいです。

断食をするのだから痩せるのは当然といえば当然で、普通のカロリー制限に比べると減量効果が明らかに高いとする調査結果もあるようです。

その理由は、いざというときのために筋肉や肝臓に蓄えられている「グリコーゲン」という栄養源が、断食を初めて12時間ほどすると体内で使われ始め、その不足分を補うために脂肪が動員されるので体脂肪が減る、という仕組みがあるからです。

ただ、岡田先生が疑問としているのは、「デトックス効果」に関してです。

断食というと、ときどき食事をしないことで胃腸を休め、溜まった毒素もすっきり排泄される、という効果もあるように言われていますが、岡田先生によれば「人間の体は絶え間なく動き続けることができるようになっていて、毒素が貯まるということはなく、睡眠以外の休息は必要ない」ということなのです。

むしろ、そのリズムを乱すと病気にかかりやすくなるという研究結果もあるそうです。

米国での怖い実験結果もあります。成人男性36人を対象に、摂取カロリーを半分にした食事を168日続けたところ(その間毎日5km歩いたり走ったりすることも求められたそうですが)、多くは体重が25%以上落ち、貧血や関節の腫れなど、重い症状に悩まされたそうです。

この食事制限が解除されたあとも、体調が戻って日常生活ができるようになるまで数ヶ月から数年もの時間がかかったということです。

痩せる、という意味では効果は高そうですが、健康に対する重大なリスクがあるかもしれないことは留意していたほうがよさそうです。

いかがでしたか?

そのダイエット、やったことあった!という方もいるかもしれません。もしくは、今やってるんだけど…なんていう方も。

どれもすぐに何らかの害があるわけではありませんが、効果がない、もしくは医学的根拠がない、続けていると健康的によくない……などのマイナス点が多いダイエット法を挙げましたので、他のダイエットに切り替えたほうがいいかもしれませんね。

本書では、この他にも様々なダイエット法に関して科学的に検証し、岡田先生が点数をつけています。

本当に信頼できるダイエット法を探したいなら、参考にしてみては?

■監修:岡田正彦さん
新潟大学名誉教授、医学博士。専門は予防医療学で、遺伝子や細胞を対象にした基礎実験からビッグデータの統計解析まで幅広い研究を行っている。

30年ほど前、体重と検査データとの相関関係に気づいて以降、肥満も研究テーマとし、その成果をまとめた書籍『人はなぜ太るのか―肥満を科学する』はロングセラーとなっている。