窪田正孝「全部出し切った感じがします」 『僕やり』イベントでDISH//とのコラボ曲初披露

写真拡大

 8月14日、東京・豊洲PITにて開催されたイベント「真夏の僕やりNight 〜“そこそこ”じゃ終わらない、夏〜」にて、窪田正孝らドラマ出演者とダンスロックバンドDISH//によるスペシャルユニット「DISH//と凡下高がやりました」が一夜限りのスペシャルライブを行った。

参考:新田真剣佑は夢を持ったひとりの少年だったーー『僕たちがやりました』衝撃の展開みせた第4話

 同イベントは、関西テレビ・フジテレビ系にて毎週火曜21時より放送されているドラマ『僕たちがやりました』のライブイベント。番組をきっかけに生まれた、窪田正孝、間宮祥太朗、葉山奨之、今野浩喜の4人と、主題歌を歌うDISH//がコラボを果たしたスペシャルユニット、DISH//と凡下高がやりましたの初ライブをメインイベントに据え、オープニング曲を担当するMrs. GREEN APPLEと主題歌を担当するDISH//のライブが事前に告知されており、会場となる豊洲PITには約3000人のファンが集結した。

 舞台に設置されたスクリーンにドラマの紹介映像が流れた後、まず登場したのは窪田、間宮、葉山、今野の4人。「盛り上がる準備ができていますかー?」と問いかけながら窪田が会場を沸かせると、観客からは大きな歓声が。台本では寸劇をやる予定だったというが、会場の空気に飲み込まれたのか、窪田のフリによってなぜかそれぞれ“持ち歌”をアカペラで披露することに。今野がTHE 虎舞竜の「ロード」、間宮が河島英五の「酒と泪と男と女」、葉山がB’zの「ultra soul」のサビ部分を熱唱し、歌い終えた後にはそれぞれが「窪田殺す」と冗談交じりに決め台詞を放ち、会場を爆笑の渦に包み込む。最後に窪田が「個人的に大好きな曲」と説明しながら、一青窈の「ハナミズキ」をしなやかに歌い上げると、そのうますぎる歌声に他の3人は窪田が歌っている途中で舞台袖にはけようとする。間宮は「これをやるために(自分たち3人は)だしにされた」と嘆きながらも、最後は4人でもう一度「ultra soul」の1フレーズを歌い、観客とともに会場の一体感を生み出す。そして今野の掛け声によって、Mrs . GREEN APPLEのライブがスタートした。

 Vo./Gt.大森元貴による「僕やりNight! Mrs. GREEN APPLEです。よろしく!」という掛け声とともにライブをスタートとさせたMrs. GREEN APPLEは、「Speaking」など4曲をパフォーマンス。ラストとなる5曲目には、大森が「僕たちに自信をつけてくれた曲」と紹介しながら、ドラマのオープニング曲「WanteD! WanteD!」を披露。演奏中には窪田、間宮、葉山、今野の4人が飛び入りし、終了後には窪田が「ミセスさん最高です!」と語るなどトークを繰り広げた。

 Mrs. GREEN APPLEのライブ後は、窪田、間宮、葉山、今野の4人が、窪田演じるトビオ、間宮演じる伊佐美、葉山演じるマル、今野演じるパイセンの4人の中で、どのキャラクターに一番共感できるかなどのトークを展開。本能のままに生きているマルやパイセンなどと違い、「トビオは仮面をかぶっていて、ある意味残酷」と語る窪田からは、「トビオを演じていてすごく嫌になる」などの発言も飛び出した。

 さらに窪田は、視聴者から寄せられた「第4話でパンツを脱がされるシーンは何を思って演じたか?」という質問をMCから投げかけられると、「あまりにも見えすぎて。奥の奥の方まで見えちゃった。僕なりに現場で照明の位置を把握して、この位置だったらたぶん割れ目だから見えないだろうと思いながらやっていたんですけど、どうやら結構見えてたらしくて。女性スタッフから『ダメこれ』って若干ガチで怒られた」というエピソードを披露。そのまま「出したら出したで怒られて。どっちなんだ。いい加減にしろ」と窪田の勢いはヒートアップしていき、最後には「バカヤロー」とビートたけしのモノマネを披露し、会場を大いに盛り上げた。

 4人によるMCの後に登場したDISH//は、1曲目に披露したドラマ主題歌「僕たちがやりました」など、観客とコミュニケーションを取りながら観客を湧かせ、全5曲を披露。中盤では、4年連続5回目となる、2018年1月1日の日本武道館での単独公演が決まったこともサプライズ発表した。

 ライブを終えたDISH//は、「もう終わったと思ってる?」「凡下高みなさんカモーン!」と、窪田ら4人をそのままステージに呼び込み、いよいよDISH//と凡下高がやりましたの初ライブへ。窪田ら4人は、広いステージを余すことなく思う存分に動き回りながら、DISH//の5人とともに「僕たちがやりました」を熱唱。窪田と北村匠海(DISH//)が目を合わせながらパフォーマンスを行うなど、ドラマ出演者と主題歌担当のDISH//との生コラボレーションが初めて披露されたこの瞬間、会場はこの日一番の盛り上がりを見せた。窪田ら4人も初ライブとは思えないほど、緊張をまったく感じさせない堂々としたパフォーマンスで集まったファンの期待に応えた。

 DISH//と凡下高がやりましたのライブ終了後、「楽しかった」などそれぞれがライブの感想を述べていく中、北村が「曲でもコラボさせてもらって、ドラマは4話が放送されて次は5話ですか」と話を切り出すと、窪田が「今日はウチらがライブにお邪魔させてもらったので……」と返し、会場からは大歓声が。窪田は「もうわかっちゃったかな?」と煽りながら、「DISH//さんにドラマに出演してもらおう」とDISH//のドラマ出演を提案。窪田は続けて、「なんでもいい。どんな役でもいいから、最後に匠海が『君の膵臓をたべたい』って言えば(笑)」と北村の主演映画に絡めたコメントをし、再び会場を盛り上げた。その後、Mrs. GREEN APPLEも再び壇上に上がり、この日のイベント出演者が勢ぞろいになる中、窪田は「日常でもすごく嫌なこととかあると思うんですけど、その時は『僕やり』の音楽を聞いて、ドラマを観ていただいて、ぜひまた明日からの活力にしていただけたら幸いです」とコメント。最後は出演者全員による「真夏の僕やりNight!」の掛け声でイベントを締めくくった。

 イベント終了後には、ドラマ出演者の窪田、間宮、葉山、今野の4人と、DISH//の北村、Mrs. GREEN APPLEの大森が囲み取材に応じた。窪田は「全部出し切った感じがします。一体になるってこういうことなんだなってすごく思うし、音楽と芝居はエンターテインメントという意味では同じだけど、道は違うというのもある。だけどお客さんに感動を与えるのは同じ。そういう新しいエンターテインメントを、今日ステージに立たせてもらって痛感しました。すごく刺激的でしたし、すごく楽しかったです」と充実した表情で語る。それに対し今野は「イベントも今もそうですけど、窪田くんの真面目なコメントにちょっと……。よくそんなにペラペラいいことが。すごいなって思いました」と窪田を褒め称えた。

 北村は「自分は音楽とお芝居をやっているので、Mrs. GREEN APPLEの皆様にもドラマのキャストの皆様にも刺激をもらいました」と俳優としても活躍する立場からも刺激を受けたことを明かし、大森は「純粋に新しかったなと思いますし、本当に楽しかったです」と自身にとっても斬新だったという企画の出演を楽しんだ様子を見せた。

 知り合いにも多くのミュージシャンがいて個人的にもライブやフェスが好きだという間宮は「イントロが鳴るだけで私生活の嫌なことが吹っ飛んで、ただただ楽しめる空間を、自分がステージに立つ側で共有できるとは思わなかったので、幸せだなと思いました。だけど、ステージで歌っている自分の姿はあとで映像では見たくない(笑)。夢だったと思いたい」と、アーティスト気分になっている自分を見たくないと告白。イベント開始30分前ぐらいから嗚咽が止まらなかったという葉山は「窪田くんの最初の無茶振りがあったおかげで緊張が解けて、素に戻れて思い切りできた。お客さんからもいいパワーをもらったので、この先、最終回に向けて、その力を見せていければ」と今後のドラマ撮影に活かしたいと語った。