忙しい朝でも、ぶきっちょさんでも、“こなれて見える”簡単ヘアアレンジってないの?(できれば5分で完成させたい!)……ということで、明日の朝すぐにマネできる「簡単ひとつ結び」のヘアアレンジをご紹介します!

こなれて見える! 簡単ひとつ結び

セミロング〜ロングの人向けまとめ髪。

ストレートヘアからスタート。余裕があるとき、動きが欲しいときは毛先をひと巻きカールさせておくと、よりこなれ感がでます。

襟足の髪を残すのがポイント。

左右の襟足の毛を少し残して、ひとつ結びします。
ボブの人は少し下で結ぶと、この後のアレンジがしやすいですよ。
ロングの人は、上で結ぶと若々しい印象に、下で結ぶと落ち着いた印象になります。

襟足のたるみをなくします。

結んだ毛束の下部分を、軽く左右にひっぱると、襟足の浮き(たるみ)がなくなります。

残しておいた襟足を、ひとつ結びした結び目の上で束ねてゴムで結び、くるりんぱします。
くるりんぱは、結び目の上を半分に割り、指を髪の下側から入れて、毛先を上から下にくるっと通します。
下に通した毛束を左右に引っ張って締めます。

順番通りにすれば簡単にできますよ!

(1)トップ→(2)両上サイド→(3)両耳サイドの順で、髪を少しずつつまんで、ゆるく引き出します。このとき、結び目を片方の手で押さえながら、もう一方の手で髪の毛を少しずつ引き出していきましょう。間隔を明けて、細かく引き出します。面倒くさがって毛束を多くとるとボサボサに見えてしまうので注意を。

軽く耳上に髪の毛を。

最後に耳上の髪の毛を軽く耳にかかるようにすると、こなれ感がアップ。

ヘアアクセサリーを使ってもOK。

結び目がうまく隠せなかったかも……と不安に思ったら、バレッタなどで隠しつつオシャレさをプラスして。

アレンジメモ

究極に時間がない朝、本当〜に、ただのひとつ結びでも「耳上の髪の毛を少しだけ耳にかぶるようにする」「トップと両サイドは、髪を少しずつつまんで、ゆるく引き出す」の2点をおさえれば、ボサボサ頭は回避できる……かも!?