8月14日の「慰安婦被害者メモリアルデー」に先立ち、韓国ソウル市では13日、5台の151番路線バス内に「慰安婦少女像」のプラスチック製レプリカを設置した。

写真拡大

8月14日の「慰安婦被害者メモリアルデー」に先立ち、韓国ソウル市では13日、5台の151番路線バス内に「慰安婦少女像」のプラスチック製レプリカを設置した。新華社が伝えた。

【その他の写真】

これらのレプリカを乗せた路線バスは、8月14日から9月30日までの期間運行する。路線には同市の在韓国日本国大使館も含まれる。設計者は、「このような方法で、歴史を忘れないことを国民に促している」と話した。(提供/人民網日本語版・編集TK)