(NTD Inspired)

写真拡大 (全10枚)

 猫は狭いところが大好き。数センチしかない引き出しや靴箱など、どこにでも簡単に入り込んでしまいます。その不思議なほどの柔軟性は、外敵から身を守ったり、獲物を捕らえたりするのに欠かせない習性。猫の祖先といわれるリビアの山猫も、暗くて狭いところを好み、昆虫やネズミなどの獲物を捕らえています。

 ちなみに、猫が自分より狭いところに体を丸ごと入れられるのは、猫の脊椎が多いことと骨の構造に関係があります。猫は背骨と背骨の間の軟骨組織(椎間板)や骨と骨をつなぐ靭帯が非常に柔らかく、弾力性に富んでいます。また、頚椎がとても柔軟で、鎖骨は他の骨と連結しておらず、浮いている状態なので、首から下を頭の幅まで狭めて通ることができるし、体をねじったりすることもできるのです。

 狭いところに入っている猫たちの可愛い写真をご覧ください。

僕のために作ってもらった壁の穴(Credit: Imgur)

 

僕にぴったりのサイズだね!(Credit: Imgur)

 

大自然に抱かれて。狭くてもぐっすり(Credit: Imgur)

 

箱を開けて僕がいたらびっくりでしょ?(Credit: Imgur)

 

スリッパは最高のベッドさ(Credit: Imgur)

 

狭くて暗いところ、大好き!(Credit: Imgur)

 

ぎゅうぎゅう詰め。でもなんか楽しい気分?(Credit: Imgur)

 

靴の中が一番、落ち着く〜(Credit: Imgur)

 

ガラスの容器にもぴったりはまる(Credit: Imgur)

(翻訳編集・豊山)