仏リール、1試合で3人GK起用の珍事 奇才ビエルサが窮策もリーグアン初黒星

写真拡大

前半早々に2人が負傷、退場のリスクを考慮して3枚目のカードも切る大胆策

 フランス1部リーグアンの第2節が現地時間13日に行われ、今季昇格したストラスブールがリールに3-0と完勝。

 この試合で、リールの3選手がGKを担当する珍事が起きた。

 今季からリールを率いるのは、「エル・ロコ」(変人)の異名を持つ戦術家のビエルサ監督。アルゼンチン代表やチリ代表などで指揮を執り、2010年南アフリカ・ワールドカップでは62年大会以降W杯未勝利だったチリ代表を16強へ導く手腕を発揮している。

 事の発端は怪我人の続出だった。リールは前半12分にMFチアゴ・メンデス、同19分にFWケビン・マルキュイが次々と負傷するアクシデントに見舞われた。前半33分にDFフォデ・バロ・トゥーレが警告を受け、退場のリスクを考慮したビエルサ監督は前半途中に3枚目の交代カードを切る大胆な策に出たが、結果的にこれが裏目に出てしまう。

 後半18分、GKマイク・メニャンが相手の後頭部にボールを投げつけて一発退場処分となり、10人と数的不利に追い込まれた。もはや交代枠3つを使い切り、本職のGK投入も不可能という状況のなか、奇才ビエルサはそれまでストライカーとして動き回っていたFWニコラ・ド・プレヴィルのGK起用に踏み切る。

終了間際に主将DFを3人目のGK起用

 しかし劣勢のリールは後半29分、後半37分に失点すると、後半43分にもダメ押し弾を浴びてしまう。反撃の糸口を見出したいリールは、終了間際にFWブレヴィルに代わって主将DFイブラヒム・アマドゥを3人目のGKに据えて反撃もゴールは奪えなかった。

 アマドゥは試合後、英紙「ガーディアン」に対して「今日、我々はあまりに多くのミスを犯しすぎた」と肩を落とした。

 前半のうちに3枚のカードを切る形となったビエルサ監督は、フィールドプレーヤー2人をGK起用させる窮余の策に出たが実らずに0-3と完敗。リーグアン初黒星を喫したが、3人GK起用の珍事は大きな反響を呼んでいる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images