By •● Atelier Encantado ●•

暑い日にはキリっと冷えた飲み物を飲みたくなるものですが、「暑い日に温かいドリンクを飲むと涼しくなる」ということを示す研究結果があります。2012年にこの研究を発表した研究者本人が、暑い日に温かい飲み物を飲むとどうなるのかについて解説しています。

Does drinking hot liquids on a hot day actually cool you off? | Popular Science

http://www.popsci.com/does-drinking-hot-liquids-cool-you-off

2012年当時、オタワ大学のSchool of Human Kineticsの研究者だったオリー・ジェイ博士は、温かい飲み物と冷たい飲み物を飲み比べると、参加者の体内にどんな変化が生じるかを検証した研究結果を発表しました。ジェイ氏は9人の男性を集め、扇風機に当てて汗を蒸発させながら75分間のサイクリングをしてもらいました。男性らはその後、摂氏1.6度〜摂氏50度の水を飲み、それぞれの違いが検証されたとのこと。

その結果、飲んだ水温によって代謝による熱エネルギーや、体内温度の違いはほとんどなかったとのこと。厳密にいうと、お湯を飲んだグループは発汗が促されるため、汗が蒸発して熱が奪われ、室温の水を飲んだグループより熱損失量がわずかに大きくなりましたが、冷水を飲んだグループは体内の熱損失が発生するものの、発汗が抑えられるため、室温の水を飲んだグループより熱損失量の総量は、わずかに小さくなったそうです。



By Kullez

暑い日にホットドリンクを飲むと、発汗が促されて気化熱で涼しくなることがあるわけですが、ジェイ氏は「8月の午後に暑い紅茶を飲む行為を推奨したことはありません」と警告しています。なぜなら、今回の実験は扇風機の前で行われたため、発汗がすべて蒸発して熱損失につながりましたが、通常の場面ではすべての汗が蒸発するとは考えにくいため、「温かい飲み物を飲んでたくさん汗をかく」がそのまま体温を下げるということには当てはまらないとのこと。また、この実験では水の温度によって発汗量の違いがあったものの、飲んだ人の体内温度は変わらなかったためです。

つまり、「暑い日に温かい飲み物を飲むと涼しくなるのか?」という問いはYESと言えるものの、劇的な効果があるわけではないことを示しています。Popular Scienceは「暑い夏の日に体を冷やしたいのなら、屋内や直射日光の当たらないところに移動するのが最善策でしょう」と締めくくっています。