米ワシントン州のキトサップ海軍基地で、オハイオ級原子力潜水艦「ケンタッキー」の乗組員らを前に演説するジェームズ・マティス国防長官(2017年8月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ジェームズ・マティス(James Mattis)米国防長官は14日、北朝鮮が米国を攻撃すれば事態は直ちに戦争に発展する恐れがあると警告した。マティス氏とレックス・ティラーソン(Rex Tillerson)国務長官は、両国関係の緊張に歯止めをかけようと動いている。

 両国の間ではドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が先週、北朝鮮が米国への脅しを続ければ「炎と怒り」で報いを受けることになると警告。これを受けて北朝鮮は、米領グアム(Guam)周辺に向けてミサイル4発の試射を検討しているなどと威嚇した。

 マティス氏は国防総省で開いた記者会見で、北朝鮮が米国を攻撃すれば「急速に戦争に陥る恐れがある」と述べた。

 マティス氏はこの発言に先立ち、ティラーソン氏と連名で行った米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)への寄稿で、米国は北朝鮮の体制転換や南北統一の加速化は目指していないという見解を示し、外交的解決の重要性を強調していた。
【翻訳編集】AFPBB News