北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は14日、米国の北朝鮮に対する軍事的圧力を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、米国のB-1B戦略爆撃機の朝鮮半島上空での訓練、原子力潜水艦の朝鮮半島水域への展開準備を指摘し、「いまだに自分らがどんな泥沼に陥ったのかまともに知らずにのさばる無分別な空威張りである」と糾弾した。

また、「国の自主権と民族の生存権を抹殺しようとする侵略者に無慈悲な核砲火を浴びせかけて降伏書に判を押す者もいないように一人残らず掃滅しようとするのが、わが軍隊と人民の確固不動の意志である」と強調した。

そのうえで、「米国はいかなる最後の手段も辞さないというわが共和国政府の声明を無関心に聞き流してはいけない。たわいない軽挙妄動が、米国の終局的破滅を早めうる」と警告した。