※写真はイメージです

写真拡大

巷では今日も有名人の不倫騒動が耳目を集めている。一昔前までは不倫と言えば、既婚男性と若い独身女性というイメージがあったが、最近では双方が既婚者のW不倫や、女性のみ既婚者というパターンも珍しくはないようだ。今回は、妻に不倫されてしまった男性のエピソードを集めた。彼らはなぜその事実に気づき、その時どんな行動を取ったのか。(取材・文/フリーライター 藤井弘美)

妻の口から告白させたい
カマをかける男性多し?

 Aさん(32歳/男性)は1年間の単身赴任から帰ってきて、妻のある一部分が少し変わっていることに気づいた。仕事で疲れて帰ってきた自分を笑顔で出迎えてくれるし、変わらず自分を愛してくれている様子ではある。しかしなぜか、スマホを厳重に管理するようになっていた。風呂に入る際に脱衣所までスマホを持っていくなんて、以前の妻では考えられなかったことだ。

 最初のうちはAさんもそうした妻の様子を「ちょっとした違和感」程度で片づけていたが、あるときから疑惑が膨らむことになった。いつも通りの普通の夜、何気なく話しかけた瞬間に、妻が少し焦った様子でスマホをしまったのだ。

 その後、妻の手元を何気なく観察してロック画面解除のパスコードを把握すると、妻が熟睡しているときを見計らって中を盗み見た。かくしてAさんは妻と知らない男性とのLINEのやり取りを発見してしまった。

 内容は「離婚して一緒になりたい」といった類の睦言や、逢引きする時間と場所についての会話が大半を占めていたが、1通だけ妻が夫婦の営みに関して「夫は自分がスッキリしたらすぐ寝てしまう」といった軽い愚痴を漏らしているものを見つけてしまった。この文面を読んだとき、妻の寝息が聞こえる静かな寝室で、怒りと屈辱に全身がガクガクと震えたそうである。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)