上海の街中で急速に普及している乗り捨て型のシェアサイクル Photo by Konatsu Himeda

写真拡大

 中国で、乗り捨て自由なシェアサイクルが猛烈な勢いで普及している。

 中国のビッグデータリサーチ社の「2016中国シェアサイクル市場研究報告」によれば、2016年末、中国のシェアサイクル利用者数は1886万人に上り、2017年末には5000万人に達することが見込まれている。中でも上海は、その利用登録者数と実際の稼働率が最も高い都市だ。

 中国において自転車の利用が盛んになったと言えば、何も今に始まった現象ではない。1980年代まで「自転車」自体が中国のイメージだったように、自転車専用の広い道路に見る都市計画は、中国が「自転車大国」だったことを象徴するものだ。

 本格的なモータリゼーションが到来する前夜の1997年、上海で生活を始めた筆者が真っ先に購入したのも自転車だった。当時は上海といえども、地下鉄はわずか2線のみ、マイカーも普及しておらず、自転車なしには移動が不可能だったからだ。

 自転車利用者にとって、盗難は最も頭の痛い問題だったが、2000年代初頭には電動自転車の出現とマイカーの普及により、それも消えてなくなった。スピードの出ない自転車は次第に「時代遅れな乗り物」になり、社会から見捨てられていったためだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)