中村静香演じる亜美の色仕掛けに男性陣はメロメロに!?/(C)テレビ朝日

写真拡大

テレビ朝日系で放送中の「あいの結婚相談所」(毎週金曜夜11:15-0:15※一部地域を除く)の第5話に、中村静香が6人の男から金品を巻き上げる“婚活荒らし”役で登場する。

【写真を見る】僧侶の磯山(石黒)が相手だと知り、お見合いを受けた亜美(中村)だが…/(C)テレビ朝日

同ドラマは、歌って踊る結婚相談所の所長・藍野を演じる山崎がSNSなどを中心に話題となっている新感覚の婚活ミステリー。笑いあり、涙あり、感動あり、ミュージカルありの盛りだくさんの内容となっており、“ワケあり”の相談者たちを結婚に導いてきた。

8月25日(金)に放送される第5話で、中村は結婚相談所に駆け込む“ワケあり相談者”ではなく、美貌と愛嬌を武器に男をだます“婚活荒らし”の亜美を演じる。金品をだまし取る目的のひとつが、SNS上で「シンデレラみーこ」という女子を気取るためで、“恋愛弱者”の男性たちからのプレゼントもSNSにアップ。

猫なで声で甘えつつ、心の中で「あと5、6万はいけるかな?」とつぶやく亜美の巧みな色仕掛けも見どころだ。

そんな亜美を結婚相手として藍野(山崎)から紹介されてしまうイケメン僧侶・磯山を石黒英雄が演じる。“ワケあり相談者”として、結婚相談所を訪れた磯山と亜美を引き合わせた藍野は2人をどのように結びつけるのか? 大どんでん返しが待っている衝撃のラストには、ついつい結婚の意味を考えさせられることだろう。

■ 中村静香 コメント

以前にも「金曜ナイトドラマ」枠で後妻業を演じたので「また心苦しい役がきた」と思いましたが(笑)、割り切って役として楽しもうと思いました。

私が演じた亜美は、自然にプレゼントをしたくなる女性。男性を幸せな気持ちにさせてあげるプロだと感じました。私としては、藍野さんやお見合い相手に問い詰められても絶対に負けないようにと思って演じましたが、心苦しかったです。心を通い合わすことができないのは寂しいですね。

お見合い相手の磯山さん(石黒)から優しい言葉をもらい、彼女の内側にある核心的な部分を突かれる電話のシーンは演じていて難しかったです。亜美を“婚活荒らし”へと突き動かすものは何か、どんな過去を背負っているのか考えさせられました。

山崎さんとは初共演です。華があって、周りのスタッフさんが「育様」と呼ぶのも納得できました。空き時間にキャスト全員にアイスを奢ってくださるなど、お兄さん的な一面もある方ですね。