記者会見で質問に答えるダンフォード統合参謀本部議長(写真共同取材団)=14日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は14日、ソウルの韓米連合司令部で記者会見し、北朝鮮が公表した米領グアム周辺へのミサイル発射計画について、「攻撃を受ければ断固対応する」と述べた。グアムを攻撃された場合の軍事措置の可能性について「われわれの義務は第1に攻撃からの防衛、第2に攻撃を受けたときに断固対応すること」と強調した。

 ただ、「韓国の同意なしに戦争できるのか」との質問には、北朝鮮に対して「外交的、経済的圧力を行使するのが優先」だとして、「危機に対する平和的解決策を模索している」と述べた。また、「われわれが行う全ての決定と議論は同盟国と協議しているものだ」と説明した。

 さらに「朝鮮半島の非核化に向け平和的方法を考え出すことに焦点を合わせている。誰も戦争を求めていない。外交的、経済的措置を支持する」と重ねて強調した。

 韓中日3カ国歴訪の一環で13日に来韓したダンフォード氏はこの日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領や宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官、李淳鎮(イ・スンジン)合同参謀本部議長らと会談し、北朝鮮の脅威への対応について協議した。同日、中国に向かった後、日本を訪問する予定だ。