みなさん、もうバーベキューはやりましたか? 暑さがひと段落してから予定を立てている人もいるかもしれませんね。

レジャーの代表格・バーベキューは、初対面の男女でも急接近できる絶好の機会。しかし、出方を間違えると「この女なんなん!?」と男性陣の反感を買ってしまうことも……。



出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、女性が心に留めておきたい“バーベキューでのNG行為”をお伝えします。

 

■いい肉をキープする

バーベキューは肉を野外で食べるイベント。「できるだけいい肉を食べたい」と思う方もいるでしょう。しかし、ここで焼肉屋の時と同じようなスタンスで密かにいい肉をキープするのはNG。自分だけ色がいい肉をキープしていることがバレた瞬間、男はドン引きします。

そもそもバーベキューに味を求めてはいけません。“外でみんなと食べるとおいしいよね”がコンセプトなので、肉の質は忘れましょう。

 

■男の働きにいちゃもんをつける

バーベキューは男の腕の見せ所ですが、働いている男たちにいちゃもんをつけてはいけません。「まだ火おきないの〜?」「ちょっと、この肉焦げているよ!」といった発言はNG。ここでは、やってくれるだけでありがたいという姿勢が大切です。

仕切り癖がついている女性はついつい場をスムーズに回そうとしてしまうのですが、バーベキューはすべて男に任せ、自分は肉を口に運ぶことだけを考えましょう。

 

■虫除け・日焼け対策しすぎ

この季節、女性の大敵となるのが紫外線。さらに、野外でバーベキューとなれば虫対策も気になるところです。

しかし、あなたが長袖・長ズボンで現れた瞬間、男はドン引き。バーベキューのドレスコードは露出といってもいいくらい、肌が見えていないと男のテンションは下がります。

パンチラ、胸チラに期待を抱いている男たちにとっては、夏に肌を見せない女性は論外。季節に似つかない服装は興ざめしてしまうので、やめましょう。

 

■川にダイブ

何しろ暑いし、酔っ払って川にダイブしたくなることもあるかもしれません。ノリノリで楽しむことは良いのですが、羽目を外しすぎるのは逆に冷めてしまうのでダメ。

本当に川に飛び込んでしまうと、下着は透けて目のやり場に困るし、女性陣もフォローが大変だし面倒くさいことしかありません。盛り上がっても品を保つことを忘れないで。

 

バーベキューでは、女性は余計なことをしないほうがいいのです。

あれこれ考えすぎて男の神経を逆なでしないように、気をつけてくださいね。

【画像】

※ FabrikaSimf/shutterstock

【関連記事】

※ コスパ重視!? アラサー女子2人が「最近の女子会事情」をぶっちゃけ!(PR)

※ 男性に「この子、気になるかも…!」と思わせるアピールテク

※ どーでもいいや。男の気持ちが「冷めている時」のエッチ

※ 【今日って生理?】「サイテー男」のえげつないエッチの誘い方

※ 夢だと言って…「出張中」に起きたお色気ハプニング

※ 自由すぎるだろ…男が「一緒にいて疲れる」と思う女性のタイプ