SHINeeのオンユ(資料写真)=(聯合ニュースTV)

写真拡大 (全3枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国の5人組アイドルグループ、SHINee(シャイニー)メンバーのオンユが強制わいせつの疑いで書類送検される見通しだ。ソウル・江南警察署が14日発表した。

 警察によるとオンユは12日午前7時ごろ、江南のクラブで酒に酔った状態で20代の女性の体を3回触った疑いが持たれている。

 警察は被害者の知人の通報を受けオンユを現行犯で逮捕。約5時間の取り調べを行った後、釈放した。オンユは「酔っていて思い出せない」とし、容疑を否認した。

 現場の監視カメラを分析した結果、オンユが触った場面は写っていなかったものの、被害者と目撃者の証言が明確で、監視カメラに写っていた状況も証言と一致しているため、警察は信ぴょう性があると判断した。

 一方、所属事務所のSMエンタテインメントは「DJとしてデビューする知人を祝うためにクラブを訪問し、酒に酔った状態で踊り、意図せず身体接触が発生した」と釈明した。また「相手方も酔っていれば起きうるハプニングであると認め、いかなる処罰も望まないとして告訴の取消書を提出した」と強調した。 

 一方、警察関係者は「被害者がメディアの取材で個人情報が流出するなど2次被害がひどく、SM側の要求により告訴取消書に署名捺印したが、セクハラされた事実には変わりないと陳述した」と伝えた。