8月14日スポルトの一面

写真拡大

FCバルセロナがスーペルコパ・クラシコ1stレグを3-1で敗北し、補強選手の欠如が深刻な影響を与えていることが明らかになった。

【関連記事:ネイマール バルサに嫌味か】

上手のレアル・マドリードを前に、なすすべもないバルサは、フィリペ・コウチーニョとウスマン・デンベレの到着を待ちわびている。その他、このクラシコの一戦では、クリスティアーノ・ロナウドが退場後に審判に暴力行為をおこない、罰則を課されることとなった。