全国各地でかなりの店舗数を誇る各社のコンビニ。より多くの人に利用してもらうため、工夫をこらした案内看板を見ることも多い一方、「セブンイレブンを推しすぎな看板」や「最後のコンビニを知らせる看板」など不思議なものも、たまに目撃される。

 そんななかTwitter上では、本当にコンビニがあるのか疑わしくなるような立て看板が注目されている。

 投稿者が発見したセブンイレブンの案内板。住宅の間にある細道を通るよう指し示しているが、本当にこの先に行けばコンビニにたどり着くのだろうか? 何やら怪しげな雰囲気…。

 このツイートに対して、Twitterユーザーから驚くべき反応が寄せられた。なんと投稿者のツイートをヒントに、場所を割り出し、実際にセブンイレブンがあるのか調べた人が現れたのだ。この細道を辿れば、たしかにセブンイレブンは行き着くという。

 投稿者は旅行中のために、訪れた場所の情報を細かくツイートしていたということもあるが、それにしても特定班の調査能力恐るべし…。案内板がこの場所に設置された経緯も気になるところだが、それ以上にどのように場所を特定したのかが気になるところだ。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら