「今年こそ」と意気込む第1シードの坂詰姫野をはじめ、上位3シードが準決勝へ [全日本ジュニアU16女子]

写真拡大

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '17 supported by NISSHINBO」(8月8〜17日)の7日目、大阪市・靱テニスセンターではU16のシングルス&ダブルス準々決勝、U18のダブルス準々決勝が行われた。

 U16の女子シングルスは上位3シードが準決勝に進出。第1シードの坂詰姫野(山梨学院高)はノーシードの猪川結花(岡山学芸館高)を6-1 6-4で、第2シードの川村茉那(CSJ)は第5シードの神鳥舞(桜田倶楽部)を6-0 2-6 6-4で退けた。また、第3シードの光崎楓奈(h2ETC)はノーシードの酒井凛(広陵高)に6-4 6-1と快勝している。もうひとりは、唯一学年が下の15歳でノーシードの今村咲(JAC Project)。第16シードの山口瑞希(城南学園)に2-6 7-5 6-4で逆転勝ちした。準決勝は坂詰と光崎、川村と今村が対戦する。

◇   ◇   ◇

 この日、白熱した準々決勝の一つは、関東ジュニアの決勝と同じ顔合わせ、茨城・つくばテニスガーデンCSJの川村と東京・桜田倶楽部の神鳥の一戦だった。関東での勝者・川村が、積極的にコースを狙いながらも安定感あるプレーで第1セットを6-0で圧倒。一昨年にはU14を制した川村の圧勝かと思いきや、第2セットの第3ゲームを神鳥がブレークしてから風向きは一変した。

「自分のゲームポイントだったのに、フォアのミスをしてしまってから崩れていった感じです」と川村。第2セットは6-2で神鳥が奪い返した。

 最終セットも、ブレークしては追いつかれるという苦しい展開。猛暑の中で尻上がりに調子を上げていた神鳥にも疲れが見え、浅めのボールが増えていたが、川村もこれを攻めきれなかった。

 しかし「心が折れなかった方の勝ち」と自分に言い聞かせていたという川村が、ブレーク合戦の末、5-3でサービング・フォー・ザ・マッチを迎える。最後は集中力を上げ、我慢比べを制した。

 川村と並んで昨年U16でベスト4入りした坂詰は、ここまで第1シードらしい余裕の勝ち上がり。3試合とも1セットの失ゲームをすべて2ゲームまでに抑えていた。「特に昨日は攻守のバランスがしっかりできていた」と振り返る。

 今日も第1セットは6-1で奪い、第2セットも最初のゲームでブレークに成功したが、第8ゲームでブレークバックを許した。

「セカンドセットから相手がペースを落としていて、冷静に対応できていなかった」と反省したが、それ以上は試合を長引かせず、4-4から2ゲームを連取して締めくくった。

 全日本ジュニアでは一昨年のU14ダブルスで優勝したが、シングルスのタイトルはない。一昨年のシングルスはベスト4だった。それ以前は早いラウンドでの敗退続きで、「体力には自信があるのに、ここでは食あたりになったり、目眩がしたり、体の節々が痛くなったり、どういうわけか、あまりいい思い出がないんです(笑)」と坂詰。続けて、「でも今年は絶対に獲りたい」と意気込みを見せる。体調は今のところ万全だ。

(テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美) 

※トップ写真は「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '17 supported by NISSHINBO」の女子シングルス16歳以下で、準決勝に進んだ第1シードの坂詰姫野(山梨学院高)(撮影◎江見洋子/テニスマガジン)