10の質問でわかる【優等生タイプ】あなた根っからの優等生? アンチ優等生タイプ?

写真拡大

 頭がよくて、規律を守り、常識外れな行動をしない優等生。学生の頃に限らず、社会人になっても優等生タイプの人はいますよね。あなたは優等生タイプでしょうか? 10の質問で診断していきます。

 以下の中であなたに当てはまるものがいくつあるか、数えてみてください。

□勉強が好き
□不器用な人を見ると助けてあげたくなる
□目上の人に好かれやすい
□間違いはすぐに直したい
□自分の評価が気になる
□「みんなと同じ」を意識する
□洋服は露出の少ないものが多い
□整理整頓がすき
□自分よりも高スペックの人に惹かれる
□裾のほつれや毛玉のついた服は着たくない
□頼るより、頼られるほうが好き

 あなたはどれを選びましたか? それでは結果をみていきましょう。

■0〜2個……アンチ優等生タイプ
 あなたはアンチ優等生タイプ。「優等生=相手の言いなり」と思っているところがあるからです。誰からも気に入られるいい子ちゃんになりたくない、他人の視線を気にしながら行動するのはウンザリ。そのため、上司や職場グループ内では、つい反抗的な態度を取ってしまうのです。

■3〜5個……個性的で上司を困らすタイプ
 あなたはどちらかというと個性的で、上司を困らせてしまうタイプです。規律よりも自分の意志を大事にし、相手に合わせることなく好きなように行動します。「みんなと同じ」も大嫌いで、周りが意見をそろえる中「私は違う」と自分の意見を強く主張するタイプです。

■6〜8個……優等生になりたいタイプ
 あなたは自分に自信がないため、周りに評価され、規範となるような優等生タイプに憧れているようです。しかし、オドオドしてばかりだといい評価どころか、頼りない人だというレッテルを張られてしまいます。まずは自分に自信を持つことから始めましょう。

■9〜10個……真面目な優等生タイプ
 あなたは真面目な態度で、上司からは気に入られ、後輩からは慕われる優等生タイプ。自覚はないかもしれませんが、社会の模範になるような生き方をしている人です。周りの期待に応えるため目標に向かって一生懸命頑張り、それ以上の結果を残そうとするのです。

 優等生と聞くとルールを守る融通の利かない人、と思う人も多いでしょう。けれど話してみると、意外とフランクな人であることも、あなたの周りの優等生タイプは、どんな人でしょうか?
(咲羅紅)※画像出典/shutterstock