米領グアムのハガニャで記者会見に臨むエディ・カルボ知事(2017年8月14日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米領グアム(Guam)のエディ・カルボ(Eddie Calvo)知事は14日、「いじめは時に鼻っ面を殴らないと止められない」と述べ、同島周辺に北朝鮮の照準が当てられているとされていることに対するドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の一連の強硬発言を擁護した。

 米朝関係の緊張が高まる中、トランプ氏の発言は火に油を注ぐだけだとの批判がある一方で、北朝鮮による脅威にさらされているグアム島のカルボ知事は、北朝鮮に対する強硬姿勢を崩さないトランプ氏への感謝を表明した。

 カルボ知事はAFPに対し「小学校の校庭で遊んだ者ならば、誰でもいじめを知っている。(北朝鮮の指導者)金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)は、非常に強力な武器を持ったいじめっ子だ。いじめには非常に強力に対抗しなければならない」と述べた。

 共和党所属のカルボ知事は、北朝鮮危機の対応についてトランプ大統領は不当に批判されていると述べた。北朝鮮政府が「重要な警告」としてグアムへのミサイル発射計画に言及して以来、事態はエスカレートしている。

 カルボ知事はさらに「会議中に寝ていたといって、自分の叔父だか軍の司令官だかを対空砲で赤い霧の中に蒸発させてしまった人物がただ一人いる。それが、金正恩だ」「人類がつくり出した史上最も有毒な神経ガスの一つで自分の兄を殺した人物がただ一人いる。それが、金正恩だ」とも述べた。
【翻訳編集】AFPBB News