宋永武長官=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は14日の国会国防委員会の全体会議で、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備について、「少なくとも今年中に臨時配備を完了しなければならない」と述べた。

 ただ最終的な配備については、「作戦で運用するためには総合的な環境影響評価を終えなければならない」とした。

 韓国政府は北朝鮮による先月の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星14」発射を受け、THAADの発射台4基の追加臨時配備を決定していた。