13日、岡山県総社市のカフェ「珈琲と人」のTwitterアカウントで、幼児連れの客の来店拒否が告知され、その内容に反響が集まっている。


投稿によると、幼児連れの客が設備を破損したり、乱雑に扱ったりすることが多いそう。さらに、破損した場合に、客からの一報もないため「対策として当面のあいだ開店〜17時まで0歳児を除く未就学時連れのお客さまのご入店をお断りさせて頂きます(原文ママ)」とアナウンスしている。

この投稿は、14日19時半の時点で1万9400件以上のリツイートと、1万件以上のいいねを集めている。



また、別の投稿では、すべての子連れの客ではないと断りを入れたうえで、苦渋の決断であることを訴える。一方で、実際に被害にあった壁の障子の画像も投稿し「ご報告なしで帰られた保護者の方の態度に大変ショックを受けております…」と綴っている。

なお、障子に多数の穴があいている画像の投稿も、14日19時半の時点で1万9400件以上のリツイートと、7500件以上のいいねを集めるなどネット上で話題になっている。

【関連記事】
子連れ客に飲食店店員が訴え「お店は家ではありません」
「子供に怒ってるんじゃありません」店員の気持ちを代弁する投稿に反響 
東国原英夫氏が大西英男衆議院議員からのクレームに反論「同じじゃん!」