<白人至上主義への批判、トランプの毎度の失敗を伝える報道が目立つが、今はフェイクニュースの時代。1つの意見に流されることを危険視する声も>

バージニア州シャーロッツビルで8月11日夜から続いた白人至上主義者と反対派の衝突は、多数の負傷者を出し、州知事の非常事態宣言発動にまで発展するなど、アメリカに混乱を巻き起こしている。いつものようにドナルド・トランプ米大統領の対応を批判する報道が続いているが、その影で衝突事件への陰謀説まで出てきているようだ。

定番のトランプの粗相?

シャーロッツビル当局によれば、この衝突で人だかりに車が突入し1人が死亡。警戒中の州警察のヘリが墜落し警官2人も死亡した。トランプは12日に会見で、衝突について「ひどい憎悪、偏見、暴力」を非難したが、当時、現場に集まっていた白人至上主義団体「KKK(クー・ クラックス・クラン)」やオルト・ライト(オルタナ右翼)、ネオナチといった過激派の名指しは控えた。

(トランプの会見)


死亡した女性が反対派に参加していたことから、民主党はもちろん与党・共和党内部からも批判を招いた。ホワイトハウスは13日になって、トランプの声明は「白人至上主義者やKKK、ネオナチなど全ての過激派グループが当然含まれている」と釈明した。

しかし、世論の怒りは収まらない。トランプの長女イバンカ・トランプはツイッタ―でレイシズムやネオナチを非難するメッセージを発したが、市民の反応は辛辣だ。「対応が遅すぎる」、「あなたは大統領でも、ファーストレディでもない」など怒りのコメントが溢れた。

(「社会にはレイシズム、白人至上主義、ネオナチの場所はない」)


【参考記事】黒人を助け、同性愛者の入会もOK? 差別結社KKKの本当の正体
【参考記事】米国土安全保障省、ネオナチと戦う団体への補助金をカット

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部