ジャスティンが“ナンパ”失敗(画像は『Justin Bieber 2017年8月5日付Instagram』のスクリーンショット)

写真拡大

言うまでもなく大変よくモテて、モデルなどにも非常に人気のある歌手ジャスティン・ビーバー。しかし彼ほどの有名人になると、タレントと交際しても「売名に利用されているのでは?」と不安になることもあるようだ。そこでジャスティンは様々なSNSを閲覧、好みの女の子を見つけて「この子は誰なの?」と問い合わせてみたのだが、彼女を振り向かせることは叶わなかった。

このほどジャスティン・ビーバーがあるジムのインスタグラムを閲覧し、そこにアップされている女性スタッフ(フィットネスや栄養について指導するコーチ)の動画を見て「可愛い!」とすっかり心を奪われてしまったもよう。エナジードリンクのプロモーションを兼ねて腰を振って踊る女性を「もっと知りたい」と切望した彼は、自身のアカウントからジム宛てにこんなメッセージを送ってしまったのだ。

「この子、誰なの?」
「最新の投稿に出ている子さ。」

ハートの絵文字まで用いてアピールしたものの、お相手はそれほど嬉しくなかったようだ。ジョージア州在住のこの女性はジャスティンのメッセージをスクリーンショットにして保存しTwitterにアップした上、メディアにこう話している。

「どうしてジャスティンが(ウチのジムのインスタグラムにアップした)投稿を見つけたのか。みんな、ビックリしちゃったわ。」
「だってフォロワーは70人しかいないのよ。」

しかし彼女には、すでに愛する恋人がいるとのこと。周囲の人々からは「ジャスティンと付き合えたかもしれないのに」「素晴らしいチャンスを無駄にした」と言われてしまったが、「そんなチャンスは要らないわ、恋人と一緒にいられて十分ハッピーだもの」とアッケラカンとしていたという。

ちなみに女性の恋人も非常にショックを受けたそうだが、女性曰く「ジャスティンのことを気持ち悪いと思ったワケではない」とのことだ。ジムからはジャスティンに宛て適切な返事を送ったといい、女性も「別に不適切な意図はなかったんじゃないかしら」と語っている。

莫大な資産を持ち、若くハンサムでもあるジャスティン。そんな彼が一般人にフラれ、さらにネットで“ナンパ失敗”を公開されてしまうとは驚きである。女性の恋人は「あのジャスティンに勝った」、そしてジムオーナーは「一気に有名ジムになった」と喜んでいることであろう。

画像は『Justin Bieber 2017年8月5日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)