【心理テスト】お弁当を忘れた! どうする? 答えでわかるやる気がないときの行動

写真拡大

 仕事の楽しみの1つに、ランチタイムがあります。職場の仲間と会話をしながら食べるお弁当は、モチベーションアップにつながりますよね。しかし、もしお弁当を忘れてきてしまったら……? 今回はそんなシチュエーションから、あなたの心理をのぞいてみましょう。

【質問】
 お昼ごはんを忘れたあなた。買う時間もありません。さて、どうする?

A:買い置きのお菓子を食べる
B:水やお茶でしのぐ
C:仲間にお弁当を分けてもらう
D:諦めて、食べない

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「やる気や活力がないときにとる行動」
 お昼ごはんは、あなたの活力やエネルギーをあらわします。このテストでは、あなたがやる気が活力がないときにとる行動がわかります。

■A:買い置きのお菓子……栄養ドリンクやサプリメントを使う
 買い置きのお菓子をお昼ごはんの代用にするあなた。やる気や活力がないときは、とにかく何をするのも面倒くさくなってしまい、簡単にパワーチャージできる栄養ドリンクやサプリメントで、その場を乗り切ろうとします。集中力があがり、元気にもなれはしますが、それは一時のもの、とういことを忘れないように。

■B:水やお茶でしのぐ……から元気になる
 カロリーがなく、空腹を満たすだけにしかならない水やお茶。あなたは、やる気や活力がないとき、から元気になります。とにかく明るく振る舞って、やる気があると誤魔化すのです。人の目を気にして、しんどい自分を隠してしまうところがあるのでしょう。「休みたい」と言えない頑固さもあるようです。

■C:仲間にお弁当を分けてもらう……人に助けを求める
 同僚にお願いをして、お弁当を分けてもらうあなた。やる気や活力がないときは、無理をせず、人に助けを求めます。自分を誤魔化したりせず、「つらい」と素直に言える人なのでしょう。建て前も気にせず、どんなに忙しいときでもしんどいときは休もうとするのです。

■D:諦めて、食べない……さらに頑張る
 活力のエネルギーをあえてとらない選択をしたあなた。「頑張ること」を美徳としているところがあるのではないでしょうか。活力がないときでも、さらに頑張ろうとします。体調が悪くても精神論でカバーし、がむしゃらに動こうとするのです。無茶をして、身体を壊さないように気を付けましょう。

 やる気が出ないときに無理をすればするほど、心も身体も疲れてしまいます。我慢せず、ゆっくり休んで、おいしいものを食べましょう。
(咲羅紅)