美容整形アプリ「SoYoung」はこのほど「2017年度版美容整形業界白書」を発表した。中国の美容整形業界は2015年以降、成長率40%の脅威的なスピードを見せており、世界平均の7%を大幅に凌駕している。

写真拡大

美容整形アプリ「SoYoung」はこのほど「2017年度版美容整形業界白書」を発表した。中国の美容整形業界は2015年以降、成長率40%の脅威的なスピードを見せており、世界平均の7%を大幅に凌駕している。美しさを表す顔面偏差値が経済の原動力となっていることに目を向けつつ、同時にこうした美容整形業界の暴利や暗部も白日の下に晒されるべき時期が来たと言えるだろう。

▽年齢層の違い:中国は25歳以下 米国は36歳以上

白書は2017年の中国における美容整形消費者100人中53人が25歳以下の若者、90後(1990年代生まれ)と推定している。つまり25歳前後の若者が消費者の主力となり、美容整形業界を成長させる原動力になっている。一方の米国では36歳以上の消費者が全体の74%以上を占めるとしている。

中国の美容整形における消費者の若年化が進んでいる原因には90後の性格の特徴や就職における理念などが関わりが挙げられるかもしれない。2015年以降、美容整形は芸能界やネットアイドル界で流行するようになった。それらの影響を受け、90後にとって、整形は今では当たり前なことになった。

▽所得の高さに比例して、美しさへの意欲も高まる傾向

白書のデータによると、所得の高さに比例して、美しさへの意欲がさらに高まる傾向が見られる。月収3万元(約49万円)以上の女性のうち、整形をしてみたいと答えたのは80%。整形手術を実際にすると答えたのは10%を占め、5%の人が美容整形のため年間20万元(約327万円)ほどを消費すると答えた。

注目すべきはほとんどの人にとって、整形は始めると終わりのないプロセスとなる点だ。「SoYoung」創業者の金星氏は、美容整形アプリ「SoYoung」のプラットフォームにおけるリピーター率は92%にも上ると述べた。

▽暗部と暴利 美の魅力に取りつかれても注意が必要

美容整形の高度成長は業界関係者にチャンスと試練を同時にもたらしている。施術を行うことのできる医者に限りがある一方、人材育成がニーズに追いついていない。また、美容整形の営業許可の審査基準が厳格で、薬品や器械なども高額だ。そのため、営業許可を取得していない違法業者や5日程度の研修で施術を行う無免許医が同業界に溢れている。白書によると、整形手術の失敗から容姿が傷つけられてしまった人々の実に90%が違法な法人や医者、薬品が原因としている。

そして、同業界はまた美の魅力に取りつかれた消費者たちの財布を狙い、暴利を貪っている一面もある。デロイトの「中国美容整形市場分析2017」によると、世界におけるヒアルロン酸の消費額の年平均成長率は12%であり、2016年の17億ドルから2020年には27億ドルまで成長しているとしており、この三年間で注射薬の市場価格は70%以上下落したが、美容整形機関における手術価格はほとんど下落が見られなかった。美容整形業界全体の価格は、業界の成長に伴う規模拡大の効果から大幅に下落が生じた影響を受けることなく、依然として暴利を貪り続けているのだ。(提供/人民網日本語版・編集HQ)